こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は、腰痛(腰椎分離すべり症)が、肩こりで悪化する理由は、についてお伝えしていきたいと思います。

腰椎分離症・すべり症とは

背骨の腰部にある骨を腰椎と呼びます。

背骨は上から頸椎と呼ばれる骨が7個、

胸椎と呼ばれる骨が12個、

腰椎と呼ばれる骨が5個、

これらの骨が仙骨(骨盤)の上に縦に連なって、背骨(脊柱)は構成されています。

また腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体、

後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれます。

椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を、「腰椎分離症」といいます。

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを、「分離すべり症」と呼びます。

すべり症は脊椎同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを、「変性すべり症」と呼びます。

腰椎分離症・すべり症の原因は

腰椎分離症の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。

先天性のものは生まれつきのもので、分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く、高度なすべり症を生ずることがあり注意を要します。

後天性の腰椎分離症は、多くは子どものころにスポーツなどで腰椎に繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられています。

しかし、スポーツは原因のひとつであり、体質的な要素もあります。

腰椎分離症・分離すべり症は第5腰椎によくみられます。

一方、変性すべり症は椎弓や椎間関節の形態異常に、椎間板の変性が加わって起きるとされています。

変性すべり症は女性に多く、大部分が第4腰椎です。

腰椎分離症・すべり症の症状は

最も多い症状は腰痛です。

青少年のスポーツ活動で腰痛が出現する場合は、分離症を疑ってみることが必要です。

成人の場合、同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や重労働のあとに痛みが強くなります。

鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。

また、成人では神経根症状である、「足の痛みやしびれ」が出現してくることもあります。

変性すべり症では脊柱管が狭窄し、「腰部脊柱管狭窄症」の症状である、”間欠性跛行”や、”会陰部のしびれ感”などが出る場合があります。

腰椎分離症・すべり症が、 ”肩こり” で悪化するのは

「腰痛と肩こり」一見したところ両者には関連がないように思われるかもしれませんが、腰と肩には密接な関連がみられます。

つまり、「姿勢」が、腰痛、肩こりに関連してくるのです。

例えば、デスクワークでのパソコン作業や、日常のスマホ操作などが続くと、体は頭が前方に傾いた猫背の姿勢となって、肩こり、首こりなどが起こってきます。

体は肩だけ、腰だけ、など単独で機能しているわけではありません。

私たちの体は全身の筋肉が、「一つのユニット」として連動して合目的に動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で体が歪んで、姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作でも腰の関節に負担がかかるようになってしまいます。

その結果、腰部が刺激されて、痛みを引き起こすようになってしまいます。

当院にも、「腰椎分離すべり症」で、腰痛を主訴として来院される方がおられますが、

同じ腰椎分離すべり症と診断されてる方でも、「腰の痛み、足の痛み・しびれ」を引き起こしていると思われる原因は、人それぞれ違っています。

●足から、痛みを引き起こしておられる方

●お尻の筋肉から、痛みを引き起こしておられる方

●お腹の奥の筋肉から、痛みを引き起こしておられる方

●首・肩こりから、痛みを引き起こしておられる方

●手の使い過ぎから、痛みを引き起こしておられる方、など、

腰椎分離すべり症でも、「腰痛、足の痛み、痺れ」を引き起こしている原因は、年齢、性別、職業、趣味、etc…

人それぞれです。

整体で腰椎分離すべり症の「腰痛、足の痛み・しびれ」が改善していくワケ

体は骨格を支えて動かすために筋肉があります

私たちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で体が歪んで姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作でも腰の関節に負担がかかるようになってきます。

その結果、神経が刺激されて痛みを引き起こすようになってしまいます。

当院の整体は、この崩れた筋肉のバランスを痛くない矯正で、「歪んだ体」を整えて、痛みの出ない体に戻していきます。

全身の筋肉バランスが調整されると、自己治癒力が発揮できる体となって腰の痛みは自然と出なくなって治ってきます。

当院は痛くない矯正にこだわっています

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて体を守ろうとします。

ですから強い力では「身体の歪み」は、直っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

当院の整体は、腰椎分離症、腰椎分離すべり症だからと言って、「腰部」だけの部分的な施術はいたしません。

「身体の歪み」の検査で、全身の歪み整えて、痛みの出ない身体に戻していきます。

一般的な整骨院(接骨院)や整体院で行われているような、慰安目的のマッサージや電気器具などはしておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を治療方針として、 ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診


2、検査


3、施術


4、施術後の効果の確認検査


初回は【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い、「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの、「腰椎分離症・腰椎分離すべり症」の痛みを、根本から改善していきます。

おすすめの関連サイト

腰椎分離症・すべり症の整体はコチラ

腰痛の整体はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか、

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。