変形性股関節症、股関節の痛み

今回は、「変形性股関節症、股関節の痛み」についてお伝えしたいと思います。

変形性股関節症、股関節の痛み

足の付け根にある「股関節が痛い」症状は、最初は立ち上がった時に痛みを感じたり、歩行時に違和感を感じたりすることから始まります。

徐々に歩行時に股関節に強い痛みを感じ、進行するとますます痛みは広がり、股関節から腰、お尻まで痛みが続くようになってきます。

股関節の痛みをかばって歩行することで、歩行が不安定になり左右にふらついたり、かがんで靴下を履く、足の爪を切る、といった動作がしづらくなってきます。

股関節に痛みを起こす病気を持つ人は、全国で400〜500万人いると言われています。そのうちの大半が「変形性股関節症」です。

変形性股関節症の原因

変形性股関節症は小さい頃に先天性股関節(亜)脱臼があった方が、その影響で成人してから「変形性股関節症」を発症するといわれています。

変形性股関節症は股関節を滑らかに動かすために、臼蓋と骨頭の表面を覆ってクッションの働きをしている「関節軟骨」が、何らかの理由で傷つき、すり減って、骨が破壊、もしくは増殖を起こしたために生ずる病気です。

変形性股関節症は股関節が痛くなったり、動かしにくくなる代表的な病気です。

成人の股関節疾患の中で最も多く見られるもので、高齢者の方によく見られ、近年増加傾向にあります。

変形性股関節症は女性に多い疾患であることが知られており、日本では約 120 万から 420 万人の患者さんがいるとされています。

変形性股関節症は進行していく慢性的な病気です。

変形性股関節症は痛みが出たり、安静により痛みが軽減したりを繰り返しながら、多くの方は非常にゆっくりと進行していく慢性的な病気です。

まれに数か月のうちに急速に悪化する方もおられます。

変形性股関節症には一次性変形性股関節症と二次性変形性股関節症があり、わが国では二次性変形性股関節症の割合が非常に高くて、女性に多いのが特徴です。

●一次性変形性股関節症
股関節の形の異常や老化が原因で、股関節が徐々に変形していく病気です。老化によって起こったものを「一次性変形性股関節症」と呼びます。

●二次性変形性股関節症
生まれつきの先天性股関節脱臼(生まれつきの股関節の脱臼)や、臼蓋形成不全(股関節の発育が悪いこと)などが原因で後年、変形性股関節症を発生するケースが多いようです。

関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折に続発する変形性股関節症も、二次性股関節症といえます。

変形性股関節症の症状

「変形性股関節症」は、関節のつなぎ目の軟骨がすり減ってしまう状態です。

変形性股関節症の主な症状は「関節の痛みと機能障害」です。

最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。

関節症が進行するとその痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。

日常生活では、

・足の爪切りがやりにくくなったりします。

・靴下が履きにくくなったりします。

・お風呂で足裏が洗いにくくなったりします。

・正座が困難になったりします。

また長い時間立ったり、歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。

階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になってきます。

変形性股関節症の進行度

変形性股関節症は進行性の病気です。時間をかけて次第に症状が重くなります。

一度傷ついた軟骨は回復することが難しいので、早い段階から適切な処置を行うことで進行を遅らせることが重要になってきます。

❚初期:軽度の痛み

関節の軟骨が傷つき、関節のすき間がわずかに狭くなります。

股関節以外にも、お尻、太もも、膝が痛む場合もあって、変形性股関節症だと気づかないこともあります。

・長時間の歩行や運動後などに痛みを感じる。

・おしりや太もも、膝にこわばりや痛みがある。

❚進行期:慢性的な痛み

関節の軟骨が広い範囲で変性・摩耗して、関節のすき間が明らかに狭くなります。

レントゲンでは骨嚢胞(こつのうほう)や骨棘(こつきょく)が現れます。

痛みが慢性化して、歩行にも支障をきたし始めます。

・股関節の動く範囲が狭くなる。

・脚の筋力が落ちてくる。

・日常的に痛みがあり、歩行に障害が生じる。

❚末期:極度の痛み

関節の軟骨がほとんどなくなるため、関節のすき間がなくなります。

レントゲンでは、股関節の著しい変形がみられます。

筋力が落ち、お尻や太ももが細くなり、左右の脚の長さが違ってしまうこともあります。

・動かさなくても痛い。

・股関節の動きが悪くなる、かたくなる。

・筋力が落ち、脚が細くなる。

・左右の脚の長さが異なる。

変形性股関節症の治療

病院ではレントゲンやCT、MRIなどの検査で、股関節の骨の状況を詳しく調べます。

変形性股関節症の治療法には、手術をしないで治す「保存療法」と、「手術療法」に分けられます。

股関節の変形が軽度の場合は、いきなり手術をするのではなくて、薬や運動などの「保存療法」で様子をみることになります。

薬物療法では、痛み止めのほか、筋肉の張りを抑えて関節をゆるめる筋弛緩薬もあります。

運動療法は、股関節回りの筋肉をリラックスさせ、同時に筋肉を強化します。

このほか、患部を温める温熱療法なども保存療法として用いられます。

ただし、こうした療法は対処療法と呼ばれるもので、変形した股関節の軟骨が再生されるものではありません。

痛みを緩和することを目的とした療法です。

完全に股関節の変形を治すには「人工関節置換手術」となります。

変形性股関節症:新しい考え方の整体施術

変形性股関節症は、筋力低下した「股関節」を支える筋力を、「筋力トレーニング」で鍛えて回復させることです。

しかし、一般的な筋力トレーニングでは、「体を動かす」筋力(アウターマッスル)ばかりが鍛えられて、「関節を支える」筋力(インナーマッスル)は強くならないのです。

「関節を支える」筋力を、単独で正しく強くする、「特別な筋力トレーニング」でないと効果が出ないのです。

この特別な筋力トレーニングのことを当院では、「筋力体操」と呼んでいます。

筋力体操は器具などは使わないので、体力も運動神経も関係なく誰にでもできます。

高齢者も働き盛りの中高年も、子供も、アスリートも、筋肉や関節の構造は同じです。

「関節を支える」筋力を高めることは痛みの改善につながる!

『筋力低下した筋肉を鍛える・筋力体操。』 

たったこれだけで本当に快適な生活を送ることができます!!

当院では、変形性股関節症は身体の歪みを「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、関節を支える筋力を強くする「筋力体操」を施術に取り入れて、「変形性股関節症」の痛みを改善しています!!

・特別な筋力トレーニング「筋力体操」で、関節を支える筋力を強くしていきます。

・「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、血行を改善させて治癒力を高めていきます。

「変形性股関節症」の痛みをしっかり治したい方におススメの整体です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

ひざ関節の痛み、変形性膝関節症の原因と治療はコチラから

「体の歪み」を治す矯正はコチラから