大阪市で腰痛、肩こり、神経痛、でお悩みの方へ、早く良くなる治ると口コミで評判の【根本改善が専門の整体】大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院。

脊柱管狭窄症

  • HOME »
  • 脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へ


ご存知ですか? 脊柱管狭窄症の痛みを良くする仕組み

脊柱管狭窄症でお悩みの人は、ほぼ100%に近い割合でお尻の筋肉が筋力低下しています。

お尻の筋肉(大殿筋)が筋力低下すると、姿勢が悪くなって腰が曲がって猫背になったり、人によっては逆に腰が反ったリしてきます。

このような悪い姿勢になると日常生活の動作、歩行が背骨(脊柱管)に負担をかけるようになるので痛みを出してきます。

脊柱管狭窄症の症状に強い、弱いの違いはあっても、脊柱管狭窄症は筋力低下による身体の歪みで、脊柱に偏った負担がかかることで起こってきます。

毎日の生活で悪い歩き方が積み重なって、背骨(脊柱管)に負担をかけているのです。

それでは、お尻の筋肉を鍛えれば脊柱管狭窄症の痛みが取れのか?といえば、そんな簡単な話ではありません。

なぜならお尻の筋肉は○○筋と○○筋がしっかり力を出せていないと、お尻の筋肉を鍛えても十分に使えないのです。

  • あなたはご自分の筋力が低下している事にお気づきでしょうか?
  • ご自分の身体が歪んでいないか、考えたことがあるでしょうか?

あなたは筋力低下した筋肉がマッサージ、ストレッチ、薬、湿布、電気、注射で筋力が回復すると思いますか?

当院では筋力低下した筋肉を負担のかからないトレーニングで筋力を作ってもらい、痛くない矯正法で身体の歪みを整えていきます。

元気で歩ける身体作りを全力でサポートさせていただきます。

○○筋と○○筋が十分に力を出せているか? 当院の施術で実際に体験してみて下さい。

病院、接骨院、整体、いろいろな所へ通ったけれど治らなかった方へ

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、などいろいろな所へ通ったけれど、治療直後は良いけどすぐに腰の痛み、足の痛み・しびれが戻ってしまう。

脊柱管狭窄症でお悩みの多くの方が、このような経験をされています。

これは脊柱管狭窄症の治療を、「背骨の神経が通る管(脊柱管)が狭くなっているところが悪いところ。」と考えて、「背骨の筋肉を。」マッサージ、ストレッチ、湿布、電気、注射のような、”対症療法”を受けてきたからです。

このような対症療法は、脊柱管狭窄症の痛みの ”根本原因” を治療していないから、その場の変化だけで腰痛、足の痛み・しびれがすぐに戻ってしまうのです。

あなたは背骨(脊柱管)が変形しているから、腰の痛み、足のしびれ、痛みは治らないと諦めていませんか?

脊柱管狭窄症と診断されたから将来、手術するしかないと不安を感じていませんか?

脊柱管狭窄症の痛み、足のしびれを本気で治すためには、「背中(脊柱管)。」に何かするのではなくて、脊柱管狭窄症の痛みの原因となる、「身体の歪み」を矯正して間違った身体の使い方を正していくことです。

私は、「姿勢・身体の歪み」の特徴によって、「ある一連の筋肉群が筋力を落としやすく、ある一連の筋肉群が異常に過緊張になりやすい。」という一定の法則を見つけました。

同じ、"脊柱管狭窄症の痛み"でも、どこの筋肉が筋力低下して、どの様に腰が痛むのか?は当然、人それぞれです。

当院では、「身体の歪み」の検査を重要視しています。丁寧に患者さんと一緒に、「身体の歪み」を作る原因となった筋力低下した筋肉を調べて、筋力を回復させていきます。

腰部脊柱管狭窄症には、大きく分けて3つのタイプがあります

1、神経根型(しんけいこんがた)

背骨を通り腰部、臀部から下肢につながる神経の一番根元(神経根)が圧迫されるタイプです。

圧迫されている側の足、つまり片足だけに、”しびれや痛み” が出ることが多いです。

2、馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中を通る脊髄神経は第1腰椎あたりから馬の尻尾のように何本にも分かれています。
これを、”馬尾神経” と言い、脊柱管の中を通る馬尾が圧迫されるタイプです。

両足にビリビリと強い痺れや麻痺の出ることが多いです。

馬尾型が進行すると、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫されるので、排尿・排便障害などを伴うこともあります。

3、上記二つを併せた混合型

神経根と馬尾神経、両方の神経が圧迫されるタイプです。

また、脊柱管狭窄症は症状の出る部位によって、「頚部脊柱管狭窄症」、「腰部脊柱管狭窄症」という2つの分類をすることもできます。

腰部脊柱管狭窄症とは

加齢など様々な原因で、骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚することで、背骨にある、”脊柱管”(せきちゅうかん)が狭くなって、内側の神経が圧迫されて、「歩行障害や下肢のしびれ、痛み、」などの症状が起きる病気です。

※脊柱管とは、背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルのことです。

腰部脊柱管狭窄症は50歳代から増え始め、患者数は全国で300万人超とされています。

重い荷物をよく運ぶ人やスポーツ選手など、身体を酷使して腰に負担をかけやすい人は若くても注意が必要です。

「腰部脊柱管狭窄症」では、腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありません。

しかし、進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてり感や尿の出が悪くなったり、また逆に尿が漏れる事もあります。

脊柱管狭窄症の診断には単純X線(レントゲン)写真で、ある程度は推測できます。

より詳しく診断するためには、MRIや脊髄造影などの検査が必要となってきます。

また下肢の動脈がつまって血行障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、)を生じた時にも、似たような症状がおこりますので原因を正確に調べることが必要です。

腰部脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと同様に、「坐骨神経痛」を引き起こす病気の一つでもあります。

通常、椎間板ヘルニアによる、「坐骨神経痛」は、腰の前屈位”によって症状が悪化する傾向があります。

これに対して、脊柱管狭窄症による、「坐骨神経痛」では、腰の後屈位”で狭窄が悪化するので症状が憎悪します。

腰部脊柱管狭窄症の症状は

  • 腰が重くて、痛い。
  • 足に痛みやしびれがある。
  • 間欠跛行になる。
    (長時間歩くことが出来ないので、歩いては休み。痛みがおさまったらまた歩くを繰り返す。)


腰部脊柱管狭窄症のもっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す、”間歇性跛行”(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症は6~8割の人に、”間欠性跛行” という歩行障害が出ます。

この病気では、長い距離を続けて歩くことができなくなってきます。

痛みやしびれは、ふくらはぎの外側から親指にかけて出ることが多いです。

腰を後ろに反った時、痛みが出るのも特徴です。

下肢の血管障害でも、”間欠性跛行” の症状が出現することがありますが、この場合は、「姿勢を前屈み」にしても症状が楽になりません、症状は変わりません。

同じような原理で、腰がやや前屈みとなる自転車ではいくら長時間乗っても、”間欠性跛行” の症状が出現しない場合が多いです。

腰部脊柱管狭窄症の方は前かがみでいると楽なため、次第に姿勢が悪くなります。

その為、前かがみの姿勢ばかり取っていると、逆流性食道炎など胃腸障害につながることもあります。

脊柱管狭窄症になるのは50歳~80歳くらいの年代の方が多く、女性より男性のほうが多い傾向があるようです。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは

背筋を伸ばしてしばらく歩き続けていると、足の痛みやしびれ、つっぱり感が出現して歩けなくなる、

少し前屈みになって休むと痛みやしびれが軽くなり、また歩けるようになる、この繰り返し。

こういった歩行を、「間欠性跛行」と言います。

このような歩行の症状がみられる疾患は主に3つあります。

①脊柱管狭窄症、 

②閉塞性動脈硬化症、 

③バージャー病、 

この3つは70歳以上の女性の高齢者に多く、症状も似ているためなかなか鑑別するのは難しいとされてます。

    腰部脊柱管狭窄症の原因は…

    加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響など、様々な原因で背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る、”脊柱管”が狭くなって(狭窄)、内側を通る神経が圧迫を受けて、「脊柱管狭窄症」が発症します。

    腰部脊柱管狭窄症は背骨のカーブが失われている人が多い

    私たちの身体を支える背骨は、横から見るとゆるやかにS字の弯曲を描いています。

    この背骨のS字カーブは、重い頭や上半身を支えたり、跳んだりはねたりしたときに、足から受けた衝撃を吸収・分散させたりする役目を担っています。

    背骨はS字の弯曲を描くことで、脊柱の椎骨(骨)や靭帯(骨と骨をつなぐ丈夫な線維組織)、椎間板(椎骨どうしの間でクッションの役割をしている組織)の損傷や劣化を防いでいるのです。

    ところが、脊柱管狭窄症に陥っている人では、この背骨を守るのに重要な、”S字カーブ”が崩れている人が非常に多く見られます。

    具体的には、首(頸椎)はゆるやかなカーブが失われてまっすぐな状態、”ストレートネック”になって、上半身(胸椎)では後弯がひどくなる、”ネコ背”の状態になります。

    さらに、腰部(腰椎)では、首(頸椎)と同様にゆるやかなカーブ(前弯)が失われて、そのまま硬直してしまう、”腰曲がり”(後湾症)が起こってきます。

    背骨のS字カーブが崩れた結果、背骨にかかる負荷や衝撃が増して、背骨の中でも特に負荷がかかりやすい腰椎に病変が生じて、「腰部脊柱管狭窄症」の発症や悪化を招きます。

    前かがみ姿勢は、腰部脊柱管狭窄症の元になる

    それではなぜ?背骨のS字カーブがくずれてしまうのでしょうか。

    これには、加齢による筋肉や骨の衰えも大きく関係していますが、脊柱管狭窄症の患者さんに関していえば、”前かがみ姿勢”を頻繁に取ることが元凶になっているといえます。

    「脊柱管狭窄症」の症状でお悩みの方は、日ごろから、”前かがみ姿勢”を取る習慣の人が多く見受けられます。

    なぜなら、”前かがみ姿勢”を取ると、狭まった脊柱管が広がって神経への圧迫が弱まるため、足腰の痛みやしびれなどの症状が緩和されるからです。

    ただ、”前かがみ姿勢”は、背中や腰を丸めたいわゆる身体に、「悪い姿勢」です。

    ですから、いくら楽だからといって頻繁に、”前かがみ姿勢”を取りつづけていると、背骨のS字カーブが崩れてしまい、「脊柱管狭窄症」の悪化を招くことになります。

    ”前かがみ姿勢”に陥ると、上半身が前に傾いて、身体の重心が前方へずれてきます。

    すると、足の筋肉に、「ただ立っているだけの姿勢」でも負担がかかってきます。

    身体の重心が前方へずれた姿勢だと、太ももの前方の筋肉(大腿四頭筋)、や後方の筋肉(ハムストリング)。

    向う脛の筋肉(前脛骨筋)やふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)に負担がかかって、痛みやしびれがさらに悪化してきます。

    本来は足の爪先と踵(かかと)で体重を支えなければいけないところが、重心が前方に偏ることで爪先だけで体重を支える、「爪先重心」の状態になります。

    爪先重心に陥ると、”前かがみ姿勢”が、増々強まり、「脊柱管狭窄症」も更に悪化してきます。

    手術しないで腰部脊柱管狭窄症の痛み、しびれ、をよくするには

    私たちの身体は本来、全身の筋肉が連動してスムーズに動くことで、身体は痛みなく動くように出来ています。

    しかし、身体のどこかに「歪み」などの不具合が発生すると、これらのスムーズな動きが崩れて、身体の一部に負担がかかるようになってきます。

    「身体の歪み」で、姿勢が悪くなると背骨に負担がかかって、「脊柱管狭窄症」の症状が憎悪してきます。

    腰部脊柱管狭窄症の手術以外の治療としては、「身体の歪み」を整えて、姿勢を正しく保つことで背骨に負担をかけないことが重要になってきます。


    脊柱管の「狭窄」が痛み、しびれ、の原因とは限らない…

    「脊柱管狭窄症」と診断された方は、そもそも腰痛の自覚症状があるうえで病院に行き、レントゲンやMRIの画像診断を受けます。

    その結果、「脊柱管に狭窄がある」と認められたら、腰痛、足のしびれ、などの症状の説明として、

    「脊柱管が狭まっていることが原因である。」

    「脊柱管が圧迫されていることで痛みが発生している。」

    という、 ”狭窄” 自体が、「腰痛、足のしびれ」の原因です、と言う説明を受けます。

    しかし、「脊柱管狭窄症」で腰痛、足のしびれ、が起こる原因には諸説あり、まだよくわからない部分もあります。

    当院が、「狭窄症」が必ずしも腰痛、足のしびれ、の直接的な原因とは限らない、と考える根拠として、当院の整体で、「脊柱管狭窄症」の症状が改善している方がおられる、という事実があるからです。

    整体で身体の歪み、筋肉の状態を変えていく事は可能です。しかし、当たり前のことですが脊柱の器質的な、”狭窄” を変えることは出来ません。

    にもかかわらず、整体で症状が改善している方がおられるのです。

    当院は脊柱管狭窄症の方は、身体歪んで姿勢が悪くて、筋肉が硬直していて、「血流障害が起きている。」という事実に着目して、

    「筋肉が柔らかい状態を保っていれば、脊柱管狭窄症に特有の痛みは出ない。」と考えて施術しています。

    整形外科、整骨院、マッサージ、カイロ、整体、針治療、…いろいろな所へ通ったけれど良くならなかった方、

    手技療法は、「どこも同じ」、「似たりよったり」だと思って、治らないと悩んでおられる方、

    腰部脊柱管狭窄症といっても、痛みの出かたは人それぞれ違います。

    ぜひ一度、当院のカウンセリング・施術を受けて効果を実感してみて下さい。

    当院は腰部脊柱管狭窄症の症状を、「身体の歪み」から検査していきます。

    整体は「痛そうで怖い」と思っていませんか?


    根本から痛みを治していく為には

    身体には骨格を支えて動かすための筋肉があります。

    私たちの身体は本来、全身の筋肉が連動して痛みなく動くように出来ています。

    しかし身体のどこかに、「歪み」などの不具合が発生すると筋肉のバランスが崩れて、身体の一部に負担がかかるようになってきます。

    ほとんどの痛みやしびれ、筋肉のコリなどは、「身体の歪み」が原因で慢性的に筋肉、筋膜、関節等に、「負担のかかっている部分」が出来ているために引き起こされています。

    したがって、「身体の歪み」を整えて身体の不均衡が無くなれば、筋肉、筋膜、関節等に負担がかからない状態になるので血行が改善されて、酸素欠乏状態や疲労物質、疼痛物質の発生、蓄積などが起こらないようになってきます。

    当院の整体は、「身体の歪み」を整えて血行を改善させて、自律神経を正常化させて身体の機能性を回復させていきます。

    身体の機能性が回復すれば、痛みやしびれ、筋肉のコリなどは、本人の治癒力に応じて必然的に出なくなって治っていきます。

    当院の整体は痛くない、優しい矯正にこだわっています!

    当院の整体は、あなたが想像する以上に痛くない優しい矯正です。

    3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、
    脳からの反応を引き出して、「身体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

    なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、身体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、
    無意識に筋肉を硬くさせて身体を守ろうとします。

    ですから強い力では、「身体の歪み」は、直っていかないのです。

    「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

    しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な矯正には危険が伴います。

    経験の浅い未熟な先生が矯正をして、「余計に痛くなった」、「施術前よりひどくなった」など、全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

    当院では、ポキポキ骨が鳴るような痛い矯正は一切しておりません。

    マッサージ、電気治療、などはしておりません

    一般的な接骨院や整体でよく行われているようなリラクゼーションを目的とした、一時しのぎのマッサージや電気治療などは行っておりません。

    あなたの想像を超える優しい矯正で、「身体の歪み」を整えて、痛みの出ない身体に戻していく、
    ”根本改善” が専門の整体です。

    また当院では、「「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

    他院には無い、「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの症状を根本から改善していきます。

    「脊柱管狭窄症」でお困りの方に、当院の整体がお役に立てると信じております。

    「腰部脊柱管狭窄症」でお悩みの方、今すぐお電話下さい!

    ※ホームページを見たとお伝えいただければ今なら、初検料の¥3、240をサービスさせていただいています。

    通院に便利な地下鉄、西大橋駅、駅前。 四ツ橋駅からも西へ徒歩4分。

    <予約制> ご予約はこちらから

    TEL.06-6534-0551


    受付時間
    月~金 / 10:00~20:00まで受け付けしています
    土日祝 / 10:00~17:00まで受け付けしています
    休診日 / 不定休

    施術中は電話に出られないことがあります。必ずこちらから折り返しのお電話を致しますので留守番電話にメッセージを残して頂ければと思います。

    施術を受けられる際は、お着替えをご持参ください(貸し出し用が若干ご用意しております)

    • 伸び縮みする素材の着替え・上下(ジャージやスウエットなど)
    • 頭に敷く為のタオル又はハンカチ1枚
    • 衛生上、清潔な靴下をご持参ください

    【予約前の確認事項】
    HB整体・オガワ筋整復治療院は、一般的な整体や整骨院でよくありがちなリラクゼーションを目的としたマッサージ、電気治療などは行っておりません。
    予約前にもう一度ご確認ください。
    ●完全予約制です。
    ●慰安を目的としたマッサージではありません。
    ●ボキボキしません。とてもソフトな施術です。
    ●保険は取り扱っておりません。
    ●初回は全体で90分~120分程度かかりますが、施術の時間は20分~30分程度です。短時間で最大の効果を引き出します。

    ===================================

    <以下のような方はご遠慮下さい>
    ・1回で完治すると思われている方
    ・治療効果より、その場だけのリラクゼーション的行為を求めておられる方
    ・とにかく効果よりも、時間的に長いマッサージを望まれる方
    ・とにかく安さだけを求められる方

    ===================================

    HB整体・オガワ筋整復治療院の[筋整復(きんせいふく)]の “筋” は、筋肉のことで “整復” は、
    身体の歪みを整え筋肉を復元させる。

    大阪で唯一 “根本改善” が専門の整体院です。

    地下鉄、心斎橋駅より西へ1駅の西大橋駅、駅前。(長堀鶴見緑地線)

    四ツ橋駅(四つ橋線)からは西へ徒歩4分です。

    土曜、日曜、祝日も午前10時から午後5時まで営業しています。(不定休)

    予約制で通院に便利な大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院へ、お気軽にご相談、
    お問い合せください。

    揉まない整体、バキバキしない、痛くない矯正のHB整体・オガワ筋整復治療院。

    〒550-0014
    大阪市西区北堀江1丁目20-13 ライフシステムビル201

     

    ご予約はコチラから TEL 06-6534-0551 【受付時間】
    月~金10:00~20:00
    土日祝10:00~17:00
    休診日:不定休

    プロフィール

    プロフィール

    大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河利夫です。当院は痛くない矯正の治療法で腰痛、坐骨神経痛など痛みでお困りの方に、身体のゆがみを整えて痛みの出ない身体作りをしております。
    [取得国家資格]
    鍼灸師免許
    あん摩・指圧・マッサージ師免許
    介護支援専門員
    歯科技工士免許

    詳しいプロフィールはこちらから

    お得な情報【動画】「ひざ痛、変形性ひざ関節症の痛みをとる体操」無料プレゼントしています。

    大阪府、大阪市西区北堀江で早く治ると口コミで評判、治療系の整体院です。

    地下鉄、西大橋駅前。心斎橋、四ツ橋駅からも西へ徒歩4分。
    通院に便利な駅近のお薦めの治療院です。

    マッサージや電気治療などは使わず、バキバキする痛い危険な骨格矯正は行っておりません。

    安心・安全な骨格矯正、オールハンドにこだわった整体院です。

    交通のアクセスも良く、大阪市阿倍野区、生野区、城東区、住吉区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西淀川区、東淀川区、福島区、都島区、淀川区、旭区、北区、東成区、此花区、港区、大正区、西成区、東住区、 住吉区、平野区、など大阪市内の方は当然のことながら、
    大阪府、茨木市、高槻市、さらには京都府、京都市、八幡市、長岡京市、滋賀県の方も治療に通われておられます。

    京阪電車の沿線の方、守口市/門真市/寝屋川市/枚方市/交野市

    JR学研都市線では四条畷市/大東市/東大阪市/布施市の方、遠くは奈良県、奈良市、生駒市の方までも通われておられます。

    大阪北部では阪急・阪神電車・JR線沿線の方で吹田市/箕面市/豊中市/伊丹市/宝塚市/池田市、
    阪神沿線の方では兵庫県、尼崎市/西宮市/芦屋市/神戸市/川西市/明石市の方。
    さらには、大阪の南部からは堺市/八尾市/松原市/藤井寺市/羽曳野市の方も通院されておられます。

    早く良くなる、楽になる/痛みから解放されるならば当然、大阪、大阪市内でも苦になられません。

    淡路島から通院されてた方もおられた。阪神なんば線も開業されて今まで以上に通院が便利になりました。

    次のような症状の方が通われています。

    腰痛/手や足の痛み・しびれ/椎間板ヘルニア/腰椎分離症/腰椎分離すべり症/変形性腰椎症/坐骨神経痛/慢性腰痛/肩こり/膝関節の痛み/変形性膝関節症/股関節の痛み/変形性股関節症/外反母趾/足底筋膜炎/骨盤矯正/妊婦さんの腰痛/妊産婦整体/身体の歪み/背中の痛み/

    治療効果の高い、早く良くなる、楽になる、痛くないと、クチコミで評判のHB整体をお勧めします。

    • facebook
    • twitter
    PAGETOP
    Copyright © HB整体・オガワ筋整復治療院 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.