坐骨神経痛

坐骨神経痛・梨状筋症候群でお悩みの方へ

坐骨神経痛でお悩みの方へ

坐骨神経痛・こんな症状でお悩みではありませんか?

☑ いつまでも治らない坐骨神経痛で仕事がつらい

☑ 坐骨神経痛でお尻から足にかけて、痛みやしびれが出る

☑ 前かがみや後に反ると腰が痛む、足がしびれる

☑ 坐骨神経痛で朝、足が痛くて起きるのがつらい

☑ 坐骨神経痛で坐位や椅子から立つとき痛い

☑ レントゲンでは異常がない、原因が分からないと言われた

☑ 背骨(腰椎)の変形は治らないから、運動しなさいと言われた

☑ とりあえず痛み止めの薬、マッサージ、湿布、電気治療などで我慢している

☑ 坐骨神経痛を治して仕事や旅行、スポーツをもっと楽しみたい

☑ 整形外科、接骨院、マッサージ、カイロ、針治療など行ったが効果がなくて困っている

一つでもこのような症状でお悩みでしたら、当院にお任せください!

当院では、身体の歪みを「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、関節を支える筋力を強くする「筋力体操」を施術に取り入れて、「坐骨神経痛」を改善しています!! 

癒し目的のマッサージではありません。揉みほぐしを好まれる方には、不向きな施術です。

坐骨神経痛だから「硬い筋肉をマッサージしよう。」「腰をストレッチしよう。」といった、今までの発想とは全く異なった坐骨神経痛の整体です。

その場しのぎのマッサージ、痛み止めの薬や注射でなくて、根本的に治したい“本物志向”のあなたにおすすめの整体です。

坐骨神経痛をしっかり治したい方に口コミで評判の「坐骨神経痛」改善の整体です!

コロナ対策:アルコール除菌と清潔清掃、手洗い等に徹しています。

坐骨神経痛が起こる原因

※この動画では、腰に痛みが起こる・腰痛の原因について話しています。

「坐骨神経痛」は多くの場合、腰痛に引き続いて発症してきます。

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、さまざまな原因によって圧迫・刺激されることで、「痛みやしびれ」が出る病気を総称しています。

坐骨神経痛は「症状名」であって、特定の疾患を表わした病名ではありません。

坐骨神経痛は、腰痛の一種で一般的に中高年に多い病気です。

若い方で坐骨神経痛を発症される場合は「腰椎椎間板ヘルニア」が原因となって引き起こされるケースが多いと言われています。

また「分離症やすべり症」が原因で起こる坐骨神経痛は40~50代の方に多く、高齢になるとほとんどが「腰部脊柱管狭窄」で坐骨神経痛が起こると言われています。

坐骨神経痛の整体治療

病院に行ってレントゲンやMRIなど検査して「特に異常は見られません、安静にしていれば治るでしょう…」と言われて、

痛み止めの注射や薬、湿布など出されたが改善の兆しが見えない…。

接骨院に行くと坐骨神経痛は電気やマッサージ、温めたりの流れ作業…。

そこで整体や針治療に通う。それでもなかなか治らない…。

そんな経験してきていませんか?

坐骨神経痛は「関節を支える」筋力の低下が原因で起こる!

病院や接骨院でマッサージ、注射、湿布、テーピング……などで治らない「坐骨神経痛」。

実は…坐骨神経痛は「関節を支える」筋力を改善すれば歩いても痛くない! また元気に動けるようになります。

私たちの身体は約500以上の筋肉で出来ています。

筋肉の働きは「身体を動かす」アウターマッスルと、「関節を支える」インナーマッスル。二つの種類に分けられます。

多くの坐骨神経痛は、腰の「関節を支える」筋力が低下して起こっています。

関節を支える筋力が低下すると、身体を動かすときに腰の関節に通常以上の負荷がかかり「坐骨神経痛」をだしてきます。

坐骨神経痛は、腰の「関節を支える」筋力が低下して起こっています

「坐骨神経痛」は、マッサージやストレッチ、電気治療より、「関節を支える」筋力を高めることです。

残念ながら病院や接骨院で行う施術では「硬くなった筋肉を緩めること」は出来ても、関節を支える筋力を「強くすること」はできません。

「関節を支える」筋力は、運動で鍛えることでしか強くすることができません。

その為、当院では、「筋力トレーニング」を施術に取り入れて、「坐骨神経痛」を改善していくのです。

だからといってやみくもに筋力トレーニングをすれば痛みが取れるかと言えば、そうはいかないのです。むしろ逆に痛める場合があります。

何故なら一般的な筋力トレーニングは、「身体を動かす」アウターマッスルを鍛える運動だからです。

筋力低下した「関節を支える」インナーマッスルは強くならないのです 。

またインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングでも、プランクや腹筋運動など体幹だけを鍛えても「坐骨神経痛」には効果がでないのです。

当院では筋力低下したインナーマッスルを単独で正しく強くする特別な筋力トレーニングを「筋力体操」と呼んで施術に運動を取り入れています。

「痛くない矯正」で身体の歪みを正しい姿勢に整えて、血行を改善して自己治癒力が発揮できる身体にして、関節を支える筋力を「筋力体操」で強くして、「坐骨神経痛」を改善しています。

マッサージ、電気治療、痛み止めの薬、注射、湿布薬などは「対処療法」と呼ばれ、坐骨神経痛を直接治す「原因治療」ではありません。

・温めて筋力が付きますか?

・関節をボキボキしてもらうと筋力が付きますか?

・マッサージしてもらうと筋力が付きますか?

・痛み止めの薬、注射で筋力が付きますか?

筋力が低下して姿勢が悪くなると、股関節を外に捻じる「外旋」の働きが弱くなります。

そうなるとお尻の「梨状筋」という筋肉を使って、股関節の外旋の働きを代償するようになってきます。

その結果、梨状筋が硬くなって真下を通る、“座骨神経”を圧迫して痛みが出るのが「梨状筋症候群。」と呼ばれる病気です。

整体は「痛そうで怖い」と思っていませんか?

当院の坐骨神経痛の整体は痛くない、優しい矯正です!

当院の整体は3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で「身体の歪み」を整えて、坐骨神経痛を治していくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、身体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身体を守ろうとします。

ですから強い力では、「身体の歪み」は治っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院では、ポキポキ骨が鳴るような痛い矯正は一切しておりません。

マッサージや電気治療などはしておりません

一般的な整体や整骨院(接骨院)で行われているリラクゼーション目的のマッサージ、電気治療などはしておりません。

単に痛みを取るだけでなく、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を施術方針として根本改善の施術を行っています。

初回は問診(カウンセリング)と、「身体の歪み」の検査に時間をとっています。

所要時間としては60分程度のお時間を予定しています。

施術は30分程度です。

「坐骨神経痛」でお悩みの方、今すぐお電話下さい!

<予約制>ご予約はこちらから
<スマホからはタップして電話できます>

TEL.070-8332-6239

受付時間
月~金 / 10:00~20:00まで受け付けしています
土日祝 / 10:00~17:00まで受け付けしています
休診日 / 不定休

施術中は電話に出られないことがあります。
必ずこちらから折り返しのお電話を致しますので、留守番電話にメッセージを残して頂ければと思います。

<動きやすい服装で施術をお受けください>

伸び縮みする素材の服( ジャージやスウエットなど)
頭に敷くためのタオル1枚
衛生上、清潔なくつ下をご用意ください