こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は、「坐骨神経痛の治療で整体を選ぶときに大事なことは、」についてお伝えしていきたいと思います。

坐骨神経痛で病院に行くと

この記事をお読み頂いている方は、腰からお尻、太ももやふくらはぎ、足指にかけて痛み、しびれ、など、「坐骨神経痛」の症状が出たならば、

まずは、「整形外科」に行かれるのではないでしょうか?


忙しい中、時間をやりくりして痛みに耐えながら病院に行っても、医師の診察、レントゲンなどの画像検査で、「坐骨神経痛」の原因が分かる患者さんは1~2割程度と言われています。

ほとんどの、「坐骨神経痛」は、原因不明と言われることが多いです。

レントゲンを撮っても大方の場合は、

「骨に異常はありません。」、

「ヘルニアもなさそうだし。」、

といわれる方がほとんどだと思います。

坐骨神経痛でお困りの方の7~8割は、病院では原因が分からないことが多いのです。

もっともレントゲン検査だけでは、腰の骨(腰椎)が映るだけなので、

骨と骨の間に、「隙間があるか?」、「隙間が無いか?」で、椎間板の状態を推察しているにすぎません。

なぜなら椎間板はレントゲンには映らないのです。

はっきりと確定診断をしようとするならば、MRI検査をしないことには分かりません。

腰痛、足に痛み、しびれなどの症状が出る、「坐骨神経痛」は、一般的に病院に行っても原因が分からないことが多いのです。

でも検査は大切ですから、とんでもない病気が隠れていたら大変ですから、一度は病院に行って検査を受けてください。

その結果、「原因が分かりません。」と言われた方は、「おめでとうございます。」

なぜなら、手術をしないで治すことができる、「坐骨神経痛」と分かったからです。

「原因がわかりません。」と言うことは、言葉を変えたら、「大きな病気がなかった。」という証明ですから、まずは一安心できるのではないでしょうか?

勿論、腰の痛み、足の痛み、しびれは大変つらいことです。

早く、「坐骨神経痛」の痛み、しびれを治したいですよね。

坐骨神経痛とはどんな病気?

坐骨神経痛とは腰痛の一種です。

腰から足にかけて伸びている、「坐骨神経」が、さまざまな原因によって圧迫・刺激されることで、腰や背中、お尻から足にかけて、「痛みやしびれ」などの症状が出る病気を総称しています。

一般的に中高年に多い病気です。

若い方で坐骨神経痛を発症される場合は、「腰椎椎間板ヘルニア」が原因となって引き起こされるケースが多いと言われています。

また、「分離症やすべり症」が原因で起こる場合は40~50代に多くて、

高齢になるとほとんどが、「腰部脊柱管狭窄」で、「坐骨神経痛」が起こると言われています。

このほかにも坐骨神経痛を起こす病気には、

脊椎や骨盤の腫瘍、

帯状疱疹、

糖尿病、

坐骨神経が通る筋肉の圧迫など、

さまざまな原因があります。

坐骨神経痛の症状としては

・腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に痛みやしびれがある

・腰痛があり、同じ部分にしびれや違和感がある

・腰痛がありながら、腰の痛みとは離れた部分にしびれや違和感がある

・足を動かしたり、腰の前屈や後ろに反ったり、体を捻じったりすると痛みやしびれが強くなる。
場合によっては歩くことも困難になる

・足に力が入りにくくなる

・痛みやしびれ、麻痺、違和感のせいで座ったりしゃがむことがつらくなったり、排尿・排便に支障を来している

・腰やお尻、下肢を触ると感覚がおかしい

・お尻の筋肉が冷え固まっている感じがする

このような症状は、「坐骨神経痛」の可能性があります。

坐骨神経痛の原因としては

坐骨神経痛の原因となる主な疾患としては、

①腰椎椎間板ヘルニア

骨(椎体)と骨(椎体)の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。

この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアです。

腰部の椎間板がはみ出すと神経を圧迫して、「坐骨神経痛」を起こしてしまいます。

同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、発症する危険性があります。

②腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあって脊髄と、それに続く神経(馬尾神経)が通っています。

この脊柱管が狭くなるのが、「脊柱管狭窄症」です。

腰のあたりで発症すると、腰部脊柱管狭窄症となります。

腰部脊柱管狭窄症を発症すると馬尾神経が圧迫されて、腰の痛みや足のしびれなど、「坐骨神経痛」の症状を起こします。

多くは加齢によって腰椎が変化して、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

③変形性腰椎症

腰椎の形が変形して神経を圧迫して、腰に痛みや足のしびれなど、「坐骨神経痛」の症状を起こすのが変形性腰椎症です。

原因としては、加齢、同じ姿勢を長時間続ける、腰に過度の負担をかける(運動などで)などがあげられます。

また、変形性腰椎症は、「脊柱管狭窄症」の原因にもなります。

この他にも、

腰椎分離症やすべり症、

梨状筋(りじょうきん)症候群、

外傷による圧迫、

帯状疱疹、

カリエス、

脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、

糖尿病、

アルコール依存症、

喫煙、

ストレス、

などの原因で、「坐骨神経痛」の症状が起こる場合もあります。

また、これらの疾患や原因がなくても、「坐骨神経痛」を発症することがあります。

原因の分からない、「坐骨神経痛」が、一般的に一番多いです。

整体の種類には

一口に整体といってもいろいろなタイプの整体があります。


なぜいろいろなタイプの整体があるのかと言いますと、一つには整体には国家資格がないからだと思います。

現在の日本では、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師(接骨院)は国家資格です。

が、それ以外のカイロプラクティック、オステオパシーなどの手技療法は国家資格ではありません。

例えば、マッサージを業として行う場合、医師以外で行う場合は、あん摩マッサージ指圧師の免許を持っていないとマッサージを業として行うことができません。

当然、看板にもマッサージと書いては法律違反になります。

そこで国家資格を持たないものは、整体と言う言葉を使うのかもしれんません。

そんなわけでいろいろなタイプの整体が出来てくるのだと思います。

整体という言葉には、「施術方法」や、「資格の有る、無し」を言っているのではないということです。

世間で行われている整体には大まかに言うと、「慰安系」と、「治療系」に分かれると思います。

1、慰安系(リラクゼーション)

このタイプは基本的に1,000円/10分のような感じで、時間ごとに料金が加算されていくシステムです。

このタイプの整体はちょっと疲れたから、「揉んでもらおうかな~」程度のリラクゼーション目的の方に良いかもしれません。

痛みを取る効果は無いと思います。

痛みでお悩みの方にはお勧めしません。

国家資格を持たないで、整体と看板を掲げているところの多くが、これに当てはまると思います。

2、マッサージ系

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持って、筋肉のコリを取る技法(強くもんだり)をメインにしています。

軽いこりなどは結構楽になります。

しかし、マッサージで揉むだけでは、「身体のゆがみ」は調整されません。

翌日の ”もみ返し” なども出やすいタイプです。

筋肉は強く揉めば、揉むほど硬くなっていきます。

マッサージを受けて段々強く揉んでもらうようになってきた。強く揉んでもらわないと効いた気がしない。

そんな経験していませんか。

3、 カイロプラクティック系

いわゆる一般的な「整体」というイメージの『ボキボキ』っと、身体を捻じったりするタイプです。

しっかり熟練した方がやれば効果が出ますが、中には経験の浅い方がやられている場合があります。

最近、整体が急激に増えているだけに『経験の浅い先生に調整されて、悪化した!』なんてことも聞きますので、しっかりとした選択をする必要があります。

経験のある良い先生を見つけることが出来れば、効果的な方法の1つだと思います。

4、無痛整体系

『痛くない整体』と言っているところがこの方法に当てはまるかと思います。

ボキボキしないで揺らしたり、痛みの箇所を優しく撫でたりして、脳から ”安心していいですよ” と信号を出させて、

歪みや痛みを改善していく方法です。

特徴は全く痛くないということです。

施術を受けて症状が悪化したり、身体を壊される確率は一番低いです。

当院のHB整体は、この無痛整体系になります。

整体を選ぶときに大事なことは

整体を選ぶときに大事なことはホームページがある整体院であれば、

事前にホームページでどんな経歴の先生がやっていて、

どんな国家資格を持っているのか、

どんな施術方針で施術をおこなっているか、

など、だいたいの情報はわかると思います。

もちろん施術料金が明確に書かれていることも大事です。

患者様の声なども掲載されていれば、とても重要なポイントになります。

ただし、たまに仲間内で患者のふりをして患者様の声として掲載している施術院も見受けられますので、ご注意ください。

同業者として患者様を欺くことをしていることは許せなく、また悲しいことです。

それから施術を受ける際に簡単に症状だけを聞いて、すぐに施術を始めるところは要注意です。

施術を受けて楽になるどころか、反対に痛くなってしまったりすることになりかねません。

しっかりカウンセリングと検査に時間を取っている施術院なら、痛みや不調の原因を突き止めてからその原因を取り除いていく施術をするので、施術院選びで失敗が起こりにくいとおもいます。

整体で坐骨神経痛が改善していくワケ

身体は骨格を支えて動かすために筋肉があります

私たちの身体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で身体が歪んで、姿勢が悪くなると普段の何気ない動作でも、腰部の関節に負担がかかるようになってきます。

そうなると腰部の関節から出ている ”坐骨神経” が、刺激されて腰痛、足の痛み、しびれなどの症状を出すようになってしまいます。

当院の整体は、「歪んだ身体」を痛くない矯正で整えて、痛みの出ない身体に戻していきます。

「身体の歪み」が整うことで、自己治癒力が発揮できる身体となって、腰痛、坐骨神経痛などは自然と治っていきます。

当院の整体は痛くない矯正にこだわっています

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して身体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて体を守ろうとします。

ですから強い力では「身体の歪み」は、直っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

当院の整体は、「痛い部位(痛みや痺れなどお悩みの症状が出ている部分)や、筋肉が凝っている部位」だけの部分的な施術はいたしません。

一般的な整骨院(接骨院)や整体院で行われているような、慰安目的のマッサージや電気器具などはしておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を治療方針として、 ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。


1、問診


2、検査


3、施術


4、施術後の効果の確認検査

【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い、「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの、「坐骨神経痛」を根本から改善していきます。

おすすめの関連サイト

坐骨神経痛の整体はコチラ

腰痛の整体はコチラ

椎間板ヘルニアの整体はコチラ

変形性腰椎症の整体はコチラ

脊柱管狭窄症の整体はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか、

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。