高齢者の腰痛・加齢による腰痛

大阪で70代、80代の高齢者で加齢による腰痛(変形性腰椎症・椎間関節症)でお悩みの方へ

新常識「腰痛は動かして治す!」新しい考え方の整体

「身体の歪み」を矯正して筋力体操で痛みが消える!!

当院はその場しのぎのマッサージ、痛み止めの薬や注射でなくて、根本的に治したい“本物志向”のあなたにお勧めの整体です。

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑ バスや電車でよろける、下り階段が転びそうで怖い

☑ 何でもないところでつまずく、少しの段差にひっかかる

☑ 椅子から立ち上がる時に痛む、何かにつかまらないと立ち上がれない

☑ これまで何でもなかった事が出来なくなってきた

☑ 腰痛で歩けなくなって、寝たきりにならないか不安

☑ 長い距離を歩くとだんだん足が痛くなり、休憩しないと歩けない

☑ 寝返りで腰から足にかけて痛む、布団から起き上がるのも一仕事

☑ 前かがみや後に反ると腰が痛む、しびれる、同じ姿勢が続くと痛くなる

☑ 腰痛を治して趣味の旅行、運動をもっと楽しみたい

☑ とりあえず痛み止めとマッサージ、湿布、電気治療で我慢している

☑ 整形外科、接骨院、針治療、整体、カイロなど行ったが効果がなくて困っている

一つでもこのような症状でお悩みでしたら、当院にお任せください!

加齢による腰痛は「関節を支える」筋力を高めることが改善につながる!

病院でレントゲンやMRIなど検査して、

「関節(骨)が変形しています…」

「特に異常は見られません…」

「年齢的なものだから…」

「ひどくなったら手術しましょう…」

などと言われて痛み止めや湿布を出されたり…。

接骨院に行くと電気やマッサージ、温めたりの流れ作業…。

そんな経験してきていませんか?

整形外科や接骨院でマッサージ、注射、湿布、サポーター、コルセット……で治らない「変形性腰椎症・椎間関節症・加齢による腰痛」。

実は…高齢者の(加齢による)腰痛は本当の原因を改善すれば、「歩いても痛くない!」また元気に動けるようになります。

ウソじゃやないんです! なぜなら、多くの高齢者の(加齢による)腰痛は、「関節を支える」筋力の低下から起こっています。

私たちの筋力は30歳ぐらいをピークに減少してきます。さらに人は誰でも年齢と共に筋肉も減ります。

成人における筋肉の重量は体重のおよそ40%と言われています。

70歳くらいになると個人差はありますが20歳ころの筋肉量を基準に考えると、男女とも30%の筋肉量の低下がみられます。

10年間でおよそ6%ずつ、低下していることになります。

筋肉量が減って「関節を支える」筋力が低下すると、身体を動かすときに関節に通常以上の負荷がかかるので関節(骨)が変形したり、腰に痛みをだしたりしてきます。

私たちの身体には約500以上の筋肉があります。

筋肉は「身体を動かす」アウターマッスルと、「関節を支える」インナーマッスル。二つの種類に分けられます。

「関節を支える」筋力を強くすれば腰痛は自分で治すことができるのです。

高齢者の(加齢による)腰痛(変形性腰椎症・椎間関節症の痛み)は、マッサージやストレッチ、電気治療より「関節を支える」筋力を高めることです。

残念ながら病院や接骨院で行う施術では「硬くなった筋肉を緩めること」は出来ても、関節を支える筋力を「強くすること」はできません。

「関節を支える」筋力は、運動で鍛えることでしか強くすることができません。

その為、当院では施術だけでなく「筋力トレーニング」も組み合わせて腰痛を改善していくのです。

だからといってやみくもに筋力トレーニングをすれば痛みが取れるかと言えば、そうはいかないのです。むしろ逆に痛める場合があります。

何故なら一般的な筋力トレーニングは、「身体を動かす」アウターマッスルを鍛える運動だからです。

筋力低下した「関節を支える」インナーマッスルは強くならないのです 。

当院では筋力低下したインナーマッスルを単独で正しくトレーニングする特別な筋力トレーニングを「筋力体操」と呼んで施術に運動を取り入れています。

高齢者の腰痛は「寝たきり」のリスクが高まる

最近は「フレイル」という言葉が聞かれるようになってきました。

健康な時より心身は弱っているものの介護が必要なほどではない、という中間の段階を「フレイル」と呼びます。

2014年に日本老年医学会が提唱しました。

フレイルに注目が集まるのはこの時期に生活に気を付ければ改善の余地が残されているからです。

要介護の危険因子を予防する方法は、「食事(栄養)と運動」です。

運動をするためにも元気に動けるように、「関節を支える」インナーマッスルを強くしておくことが重要になってきます。

高齢者で腰痛を訴える方には、腰部を支える重要な筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」が筋力低下した方が多くみられます。

この筋肉は腰の関節を支えると同時に歩行の際に足を挙げる働きをします。

この筋肉が筋力低下していると、少しの段差や何でもないところでつまずいて転倒するリスクが高まります。

高齢者の転倒は、「寝たきり」につながる重大な事故になりかねず、その危険性を前もって知って対策をしておくことが大切です。

転倒事故は屋外ばかりでなく、自宅の室内でも多く発生しています。

当院の整体施術の特徴

加齢による腰痛(変形性腰椎症・椎間関節症)は2ステップで施術しています。

1ステップ:「身体の歪み」を痛くない矯正で正しい姿勢に整えます

「身体の歪み」は関節の動く範囲(可動域)が狭くなるので、筋肉、関節、靱帯、神経、血管などが圧迫されて「痛み・しびれ・筋肉のこり」などが発生してきます。

正しい姿勢に整えて血行を良くして「自己治癒力」が発揮できる身体にしていきます。

当院はバキバキするような痛い矯正や慰安的な一時しのぎのマッサージは行いません。

2ステップ:「筋力体操」で関節を支える筋力を強くして根本改善を目指します

「身体の歪み」を矯正して整えても、「関節を支える」筋力が低下したままだと、一時的に症状がよくなってもすぐに元に戻ります。

「筋力体操」は器具などは使わないので体力も運動神経も関係なく、小さなお子様からご高齢の方まで誰でも出来てすぐに効果を実感できます。

人は誰でも年齢と共に筋肉が減ります。何もしなければ筋肉は減る一方ですが、きちんとお手入れすれば筋肉は何歳になっても増やせます。

腰が痛いのは「年齢のせい」だとあきらめていませんか!?

「不思議!?」 「驚いた」 「痛みが消えた!」 「しびれがなくなった!」

「カラダが軽い!」 「今までに受けた事がない矯正!」 「どこにもなかった!」

このような施術後の感想を頂くことが多いです。

筋力体操をするメリット!

当院で指導する簡単で負担のかからない「筋力体操」を自宅で続けて行うことで、

♦関節の痛みが取れる=腰痛が解消する。

♦腰痛が予防できる。

♦動ける身体になるので生活動作が改善される。スムーズに歩ける

♦姿勢がよくなる。疲れにくくなる。

腰痛が解消して快適な生活を送れるようになった方を見るとめちゃくちゃうれしくなります。

当院は高齢者の(加齢による)腰痛・変形性腰椎症・椎間関節症の痛みをしっかり治したい方におススメの整体です!

当院は「痛くない矯正と筋力低下したインナーマッスルを鍛える筋力体操」の整体院

変形性腰椎症・椎間関節症とは

変形性腰椎症とは加齢によって腰骨の関節(椎間関節)が肥大したり、椎間板が変性して突出したりして腰痛や下肢痛が生じる病気です。

椎間関節の変性に起因する腰痛は「腰椎椎間関節症」と言います。

変形性腰椎症が進んで脊柱管が狭くなった状態が「腰部脊柱管狭窄症」と呼ばれる病気です。

あなたは、「ロコモティブシンドローム(略してロコモ)」という言葉を聞いたことはありますか?

これは骨や関節、筋肉などの運動器が障害を受け、立つ、歩くといった機能が低下している状態をいいます。

進行すると日常生活に支障が出て、「要介護や寝たきり」になるリスクを高めます。

「変形性腰椎症」、「腰部脊柱管狭窄症」、「骨粗鬆症」はロコモの原因となる3大疾患です。

中高年の腰痛、変形性腰椎症・椎間関節症・慢性腰痛が起こるメカニズム

この動画では、中高年の方の腰痛、変形性腰椎症・椎間関節症・慢性腰痛がなぜ?

どのようにして起こってくるのかについて話しています。

“中高年の方に多くみられる”と言っていますが「腰痛、変形性腰椎症・椎間関節症・慢性腰痛」は、どの年代の方でも同じようにして起こってきます。

なぜ中高年の方に多く起こるのか?を考えた場合、一番多いのは筋力低下からくる日常生活の「姿勢や動作、歩き方」が原因で起こってきます。

★よろしければこちら「慢性【腰痛の治し方】接骨院や整形外科、マッサージで改善しないワケ | 新しい考え方の整体治療 」のブログもお読みください。
https://ogawa-pnf.com/archives/2437

腰に負担のかかる悪い姿勢

腰に負担がかかる悪い姿勢に猫背(円背)や、反り腰などの不良姿勢があります。

これらの悪い姿勢に共通するのは「腹筋群」の働きが弱いことです。

腹筋群の筋力が低下すると「猫背型」のように前に倒れ込むか、反対に「反り腰型」のように腰の反りが強くなります。

どちらの姿勢になっても腰の関節にストレスがかかって、「腰痛」を発症してきます。

「猫背」、「反り腰」などの不良姿勢が固定化されると、

●就寝時に寝返りをする時、

●床から起き上がる時、

●椅子から立ち上がる時、

●歩行する時、

など「身体をねじる動作」で痛みを出してきます。

整体は「痛そうで怖い」と思っていませんか?

当院の整体は痛くない、優しい矯正にこだわっています!

当院の整体は、あなたが想像する以上に痛くない、優しい矯正です。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で「身体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

身体は強い力で矯正されると「生体防御反応」が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身体を守ろうとします。

強い力では、「身体の歪み」は、直っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院では、ポキポキ骨が鳴るような痛い矯正は一切しておりません。

初回は問診(カウンセリング)と、「身体の歪み」の検査に時間をとっています

「身体の歪み」は、人それぞれ違うのでカウンセリング、歪みの検査を細かく丁寧に行うことで、お一人お一人に合った施術を実施しています。

整体の施術は20分~30分程度ですが、初回だけは問診、歪みの検査、整体施術、施術後の説明、などで約90分~120分程度のお時間を予定して予約をお取りください。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

単に痛みを取るだけでなく、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を望まれている方にお勧めの整体です。

変形性腰椎症・椎間関節症・加齢による腰痛でお悩みの方、今すぐお電話下さい!

★HP特典 初回限定4,800円!★

通常、初回は12,100円ですが当院が初めての方、4,800円(税込み)で受けて頂けます。

当院では「痛みは動かして治す!」を治療方針として、歪んだ身体を「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、関節を支える筋力を強くする「筋力体操」で痛みを改善しています。

ぜひ一度、「痛みは動かして治す!」 新しい考え方の整体を体験して効果を実感してください。

※HP特典は予定している人数に達した時点で告知無く終了させていただきます。

通院に便利な駅から近い、予約制の整体院

地下鉄、西大橋駅、駅前。(長堀鶴見緑地線)

四ツ橋駅(四つ橋線)からは西へ徒歩4分です。

<予約制>
ご予約はこちらから
TEL.06-6534-0551

受付時間
月~金 / 10:00~20:00まで受け付けしています
土日祝 / 10:00~17:00まで受け付けしています
休診日 / 不定休

<施術を受けられる際は、お着替えをご持参ください。>(貸し出し用が若干ご用意しております)

  • 伸び縮みする素材の着替え・上下(ジャージやスウエットなど)
  • 頭に敷く為のタオル又はハンカチ1枚
  • 衛生上、清潔な靴下をご持参ください

【予約前の確認事項】
整体・オガワ筋整復治療院は、一般的な整体や整骨院でよくありがちなリラクゼーションを目的としたマッサージ、電気治療などは行っておりません。
予約前にもう一度ご確認ください。
●完全予約制です。
●慰安を目的としたマッサージではありません。
●ボキボキしません。とてもソフトな施術です。
●保険は取り扱っておりません。
●初回は全体で90分~120分程度かかりますが、施術の時間は20分~30分程度です。短時間で最大の効果を引き出します。

===================================

<以下のような方はご遠慮下さい>
・1回で完治すると思われている方
・治療効果より、その場だけのリラクゼーション的行為を求めておられる方
・とにかく効果よりも、時間的に長いマッサージを望まれる方
・とにかく安さだけを求められる方

===================================

整体・オガワ筋整復治療院の[筋整復(きんせいふく)]の “筋” は筋肉のことで “整復” は身体の歪みを整え筋肉を復元させる。

大阪で唯一 “根本改善” が専門の整体院です。

単に痛みを取るだけでなく、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を望まれている方にお勧めの整体です。

地下鉄、心斎橋駅より西へ1駅の西大橋駅、駅前。(長堀鶴見緑地線)

四ツ橋駅(四つ橋線)からは西へ徒歩4分です。

土曜、日曜、祝日も午前10時から午後5時まで営業しています。(不定休)

予約制で通院に便利な大阪市西区北堀江の整体・オガワ筋整復治療院へ、お気軽にご相談、お問い合せください。

揉まない整体、バキバキしない、痛くない矯正の整体・オガワ筋整復治療院。

〒550-0014
大阪市西区北堀江1丁目20-13 ライフシステムビル201