こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
今回は、腰痛の原因にはどんなものがあるのかについて、お伝えしていきたいと思います。

腰痛のよくある主な原因としては

腰痛は男性では1番目、女性では肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状です。私たちの体を横から見ると、背骨は首が前、背中が後ろ、腰が前というようにS字形のカーブを描いています。

なぜ背骨がS字形をしているかといいますと、もし仮に背骨が真っ直ぐになっていたとしたら、跳びはねたときなどに衝撃が脳に振動が直接伝わってしまいますが、S字形になっているために、衝撃が吸収されて振動が脳に響きにくくなっているのです。

さらに脊柱は上半身を支えるだけではなく、曲げたり伸ばしたりひねったり、という動きに対応できるようにしなやかな構造になっています。

背骨は首が頸椎と呼ばれる骨が7個、胸は胸椎と呼ばれる骨が12個、腰は腰椎と呼ばれる骨が5個、これらの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。

腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰痛の発症に関係しています。

腰痛の主な原因は大きく4つに分けられます。

1、骨や筋肉の障害による痛み(器質的な痛み)
2、神経の障害による痛み(神経痛)
3、精神的ストレスによる痛み(非器質的な痛み)
4、内臓の病気による痛み

これらの4つの要因のうち一つだけが原因となっていることもあれば、複数の要因によって腰痛が起きている場合もあります。

病院の検査で原因が特定される腰痛は僅か15%程度です

腰痛の原因はさまざまですが、腰痛のうち病院でレントゲンやMRIなどの検査で腰痛の原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。(厚生労働省、研究班調べ)

代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄などがあります。

圧迫骨折や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などは腰の骨や椎間板の変形が画像ではっきり確認できる障害なので痛みの原因が明らかであり、はっきりとした病名で診断を下せます。

このように原因が特定される腰痛を医学的に特異的腰痛と言います。しかしこうしたケースは腰痛全体から見ると少数派です。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。腰に痛みがあるのに、骨などの組織に異常が見られないものが腰痛全体の約85%を占めています。

このような原因が特定されない腰痛を医学的に非特異的腰痛といいます。

原因が特定されない腰痛の場合、神経のどこかに異常がある神経性の痛みと思われる場合は「坐骨神経痛」と診断され、筋肉の疲労やケガ、関節や靭帯の損傷など、神経以外の要因が原因であると思われれば「腰痛症」と診断されます。

坐骨神経痛も腰痛症も痛みの原因を特定した診断名ではなくて、症状を表した症状名です。

このような原因が特定されない非特異的腰痛では生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることが考えられます。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

なぜ原因がわからないのか?

今や国民病と言われるほど患者の多い腰痛ですが、その約85%は、はっきりとした原因が分からないのはなぜでしょうか?

それは、腰痛の場合、必ずしも腰の組織に明らかな原因があるとは限らないからです。また、腰痛は複数の要因が関係していることも多く、原因の特定が難しいケースが多いためです。

腰は膝と並んで体の中でも何かと負荷がかかりやすい部位であり、何が負担となっているのか分かりにくいということもあります。

組織の老化、筋力低下、運動不足、腰の疲労蓄積、生活習慣上の問題、姿勢のゆがみ、肥満による腰への負担増など、いくつかの複合的要素が考えられます。

今回は病院で検査をしても原因が特定されない腰痛(非特異的腰痛)で、体の歪みなど腰に物理的なストレスが加わって腰痛を出すなど、レントゲンやMRIなどの画像検査では原因が分からない腰痛についてお伝えしていきたいと思います。

姿勢の悪さ・歪んだ姿勢

前かがみや傾いた姿勢を続けていると、腰の筋肉に大きな負担がかかります。姿勢の悪さ・歪んだ姿勢は腰痛の原因になります。

過度の運動や動作(仕事)

激しいスポーツや、重いものを持ち上げたとき、また肉体労働などで腰の筋肉を酷使したときも腰痛が起こることがあります。
急激な動作は避け、腰に負担をかけないように気を付けましょう。

筋肉の衰え

運動不足や、加齢のために腰の筋力が衰えている人は、腰にかかる負担がいっそう大きくなるので腰痛を起こし易くなります。
普段から適度な運動して筋力を維持しておきましょう。

体は運動をしていないと筋肉量は、一般的に25歳時をピークに毎年0.5~1%程度の筋肉量を減らしていきます。

骨の老化

閉経後の女性には、骨粗しょう症で骨がもろくなり、圧迫骨折を起こす人がいます。そのため、背中が曲がるなどして、背中から腰にかけて痛みが起こります。若いうちから必須アミノ酸を含んだタンパク質を十分にとって、体(骨)を丈夫にしておきましょう。

内臓などの病気

肝臓や子宮などの病気によって腰痛が起こることがあります。がんこな腰痛は躊躇せずに医師の診察をあおいでください。

日常生活(生活習慣)から考えられる原因

1、長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張

長時間座っていたり、立ちっぱなし、中腰など、無理な姿勢を続けていると腰の筋肉が緊張して、時間の経過とともに筋肉が疲労して血行が悪くなり、腰に痛みが起こります。

2、運動不足、筋肉退化による筋力低下

腰の周りにある大腰筋(だいようきん)や腸骨筋(ちょうこつきん)、お尻にある大殿筋(だいでんきん)や中殿筋(ちゅうでんきん)の筋力が衰えると、腰椎に負担がかかるようになるので、腰痛を引き起こします。

腹筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがあるので、腹筋の筋力が低下すると正しい姿勢が保ちにくくなり、腰に負担をかけることになります。
筋肉は姿勢を保つのに大きく関与しています。筋力の低下が原因で、坐位から立ち上がる時など動作時に腰痛の要因となります。

3、過剰な動きや無理な負担

過度の運動によって筋肉は疲労し、徐々に緊張を強めて腰痛を引き起こします。また、腰に無理な力がかかるような動作を行うと、ぎっくり腰など急性の腰痛を招くことがあります。

当院の整体で腰痛が改善していくそのわけは

体は骨格を支えて動かすために筋肉があります。私たちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかしながら、筋肉の慢性疲労で体が歪んで姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作でも腰の関節に負担がかかるようになって腰部が刺激されて痛みを引き起こすようになってしまいます。

当院の整体は、この崩れた筋肉のバランスを痛くない矯正で整えて、痛みの出ない体に戻していきます。

筋肉のバランスが整えば、自己治癒力が発揮できる体となってくるので腰の痛み、坐骨神経痛などは自然と出なくなって治ってきます。

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

一般的な整骨院(接骨院)や整体院などで行われているような、その場しのぎのマッサージや電気器具などはしておりません。またバキバキするような痛くて危険な矯正も一切しておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように「再発しにくい身体作り」「痛みにくい身体作り」を治療方針として ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

初回は【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。他院には無い「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの慢性腰痛を根本から改善していきます。

腰痛の整体はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が ”筋整復治療院” となっているからか?「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてあるし、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っていると書いているが針治療をしているとは書いていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのかよく電話で「どんな治療なのですか?」と聞かれます。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。 無理があるというより電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることは無理です。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。