こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
今回は、腰痛で治療を選ぶ時に重要なことは、についてお伝えしていきたいと思います。

慢性腰痛でお困りの方が、いろいろな病院や整骨院に行っても腰痛が改善しない理由は!?

あなたは知っていますか?

病院で腰痛の原因の85%が原因不明であるという事実を!

今や国民病とも言える腰痛ですが厚生労働省・研究班の発表によりますと、腰痛で病院を受診して医師の問診、レントゲン・MRIなどの検査で腰痛の原因として何らかの構造上の問題が発見されるのは、腰痛患者の15%程度で残りの85%は痛みの原因が特定されません。

このような場合、筋肉の緊張による腰痛と判断されて、おそらく腰椎症や坐骨神経痛という病名がつけられると思います。

そのため、頑張って長期間病院に通院しても、原因が特定されていないのでとりあえず痛み止めが処方されたり、腰に電気をかけたり、マッサージをしたりというマトの外れた対応のために腰痛が治らず困っている方が多くおられます。

当院なら、ていねいなカウンセリングと長年培った手の感覚と、 ”身体の歪み” の検査技術があるので、レントゲンやMRIに写らない腰痛の原因を特定できます。

だから病院や他の整骨院・整体院でもダメだった腰痛の根本的な改善を目指せます。

腰痛は何故、起こるのか?

体の歪みが腰痛を作る!

姿勢のよい人の立った状態を横から見ると、耳・肩・股関節・膝・くるぶしを結ぶ直線が垂直に並んでいます。また正面からみると正中線で左右対象になり、肩の高さ・骨盤の高さが左右同じ位置になっています。

このような姿勢のよい人は関節や筋肉に無理な負担がかからないので、長い距離を歩いたり、長時間立ちっぱなしの状態でも平気ですが、姿勢の悪い人は少し歩いただけ、少し立っているだけでも、あちこちが痛くなってすぐに疲れてしまいます。

体は構造上、重い頭部を細い首で支えなければなりません。ところが体の中心から頭部が少しでもずれると、支える力は実際の頭部の重さの何倍も必要になります。(1インチ(約2.5センチ)ずれると首への負担は2倍になるといわれています。)

そのため頭部を支える首・肩に緊張が生じ、これがさらに背中の筋肉を緊張させ、腰や膝へ負担をかけて腰痛、膝の痛みを引き起こす大きな要因となります。

スマホなどをよく使われておられるような方は常に首を前傾させているので、頭部を支える首・肩に負担をかけ続けていることになります。このように普段の何気ない日常動作でも、毎日続けていると体は簡単に痛みを出してしまうのです。

つまり日常何気なく行っているような動作、つまり生活習慣を見直すことで姿勢・体の歪みを改善することで、腰痛、肩こりのような生活習慣で引き起こされる症状は改善させることができます。

腰の構造上の問題と、痛みは無関係の事が多い

腰痛の方でレントゲンやMRIなどの検査で背骨の関節に問題が見られたら椎間関節症、椎間板に問題があれば椎間板症、椎間板が裂けて中身が脱出していると椎間板ヘルニアと病名が付けられます。

しかし、構造上の問題で引き起こされる腰痛は実はそれ程多くはありません。多くの場合、症状のある場所に負担が掛かるために構造に問題が出ているだけで、構造上の問題と痛みは関係がない場合がほとんどです。

たまたま腰が痛い時に検査をして構造上の問題が見つかっただけで、同じような腰の構造上の問題がある様な方でも、腰痛がなく過ごせている方は大勢おられます。

つまり病院でレントゲン・MRIを撮って、あなたの腰痛の原因は椎間板が潰れていためです。あるいは、ヘルニアです。と言われたとしても、実は腰痛の本当の原因ではない事もあるのです。

腰痛を治していくには

慢性の痛みは筋肉の酸欠が原因

痛みが起こる原因は、慢性疲労によって筋肉が緊張していることで血管が狭められて、血液の循環が悪くなるために酸欠状態となっていることです。

我々の体はこの状態を回避するために、血管を拡張させる働きのある物質・ブラジキニンを発生させます。このブラジキニンは痛みの物質なので、結果として痛みを発生させます。

痛みは悪者とは限らない。

痛みの原因であるブラジキニンが発生しなければ組織は酸欠で死んでしまいます。つまり痛みが悪者ではなく、悪いのはそこまで身体が疲れた状態を作ってしまった事です。

なぜ疲労が回復しないのか

何故そこまで疲労が溜まってしまうのか?疲労ならスポーツ選手や肉体労働者はいつも疲労しているはずで、常に痛みで苦しんでいるはずですよね。

腰痛や肩こりなどは疲労することが問題ではなく、疲労が回復しない体に問題があるわけです。

不良姿勢が慢性疲労の原因

それでは、この回復しない疲労の原因は何か?それはズバリ!不良姿勢(ゆがんだ身体)です。

姿勢が良ければ骨格を軸に筋肉をあまり使わなくても活動することができますが、姿勢が悪くなることで筋肉の負荷は何倍にもなります。

不良姿勢は関節の可動域の悪さが原因です。関節の可動域の悪さが原因で筋肉が常に緊張して血行も悪くなっているため、疲労に血行不良が加わって疲労が蓄積して行きます。

病院での対処と当院の施術の違い

痛みが発生するのは身体の防御反応です。むやみやたらに痛み止めを飲むということは、この防御反応を無理やり抑えることになるので、あまりお勧め出来ません。

また慢性腰痛は急性腰痛のような炎症による痛みではないので、消炎作用のあるシップを貼るのもおかしな話です。

当院の施術は根本原因にアプローチする事で一時しのぎではない、真に健康な状態を手に入れることを施術方針としています。

当院の整体で腰痛が改善していくそのわけは

体は骨格を支えて動かすために筋肉があります。私たちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかしながら、筋肉の慢性疲労で体が歪んで姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作でも腰の関節に負担がかかるようになって腰部が刺激されて痛みを引き起こすようになってしまいます。

当院の整体は、この崩れた筋肉のバランスを痛くない矯正で整えて、痛みの出ない体に戻していきます。

筋肉のバランスが整えば、自己治癒力が発揮できる体となってくるので腰の痛み、坐骨神経痛などは自然と出なくなって治ってきます。

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

一般的な整骨院(接骨院)や整体院などで行われているような、その場しのぎのマッサージや電気器具などはしておりません。またバキバキするような痛くて危険な矯正も一切しておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように「再発しにくい身体作り」「痛みにくい身体作り」を治療方針として ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。他院には無い「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの慢性腰痛を根本から改善していきます。

腰痛の整体はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が ”筋整復治療院” となっているからか?「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてあるし、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っていると書いているが針治療をしているとは書いていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのかよく電話で「どんな治療なのですか?」と聞かれます。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。 無理があるというより電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることは無理です。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。