股関節の痛み・スポーツ選手の鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)|新しい考え方の整体治療

こんにちは、大阪市西区北堀江で根本改善を専門とした整体【痛くない矯正】と【筋力体操】のオガワ筋整復治療院、院長の小河です。

今回は、スポーツ選手によくみられるの股関節の痛み「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」をお伝えしたいと思います。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

鼠径部周辺に痛みをだす疾患に鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)があります。

ランニングやキック動作などで鼠径部やその周辺に痛みが生じます。

サッカー選手に多く見られ、一度なると治りにくいのが特徴です。

鼠径部周辺の痛みは様々な原因で発生するので、本当の原因を特定しにくいため鼠径部痛症候群と呼ばれています。

鼠径部周辺に痛みをだす疾患としては、

恥骨結合炎、

大腿内転筋付着部炎、

大腿直筋炎、

腹直筋付着部炎、

腸腰筋炎、

鼠径ヘルニア、(スポーツヘルニア)

などが挙げられます。

スポーツによる使い過ぎで筋力低下、柔軟性低下、筋拘縮が起こり、炎症で鼠径部周辺の痛みが起こると思われます。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)の整体治療

「関節を支える」筋力を高めることが改善につながる

股関節の痛みは「関節を支える」筋力が低下して痛みを出してきます。

筋肉には「歩く、走る、座る。」といった身体を動かす働きの他に「関節や骨格を支える。」という役割があります。

「関節を支える」筋力(インナーマッスル)が低下して、「身体を動かす」筋力(アウターマッスル)に負けると股関節に無理な負担がかかり、炎症や機能障害を起こして痛みを出してきます。

病院や接骨院でマッサージ、注射、湿布、テーピング…などで治らなかった股関節の痛み。

実は…本当の原因を改善すれば走っても痛くない! また元気にスポーツができるようになります。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)は、マッサージやストレッチ、電気治療より「関節を支える」筋力を高めることです。

当院の施術の特徴

当院の整体は身体の歪みを正しい姿勢に矯正して、関節を支える筋力を「筋力体操」で強くして痛みを解消しています。

一般的な筋力トレーニングでは「身体を動かす」筋力(アウターマッスル)ばかりが鍛えられて、筋力低下した「関節を支える」筋力(インナーマッスル)は強くならないのです。

「関節を支える」筋力を、単独で正しく強くするトレーニングでないと効果がないのです。

筋力を強くする特別なトレーニングのことを当院では、「筋力体操」と呼んでいます。

筋力体操は器具などは使わないので、体力も運動神経も関係なく誰にでもできます。

今なら初回料金60%OFFです

当院が初めての方、今なら初回料金60%OFFです。(^^)!

通常、初回は初検料3,300円+施術料8,800円=12,100円ですが、当院が初めての方は4,800円(税込み)で受けて頂けます。

なぜ?60%OFFの料金で施術を受けて頂けるのかと言いますと、

「痛みは動かして治す!」 新しい考え方の整体を体験して効果を実感してもらいたいのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

スポーツ障害の原因と治療

股関節の痛み・変形性股関節症の原因と治療

大阪市西区北堀江 整体・オガワ筋整復治療院 トップページ