こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は「膝が痛い中高年のひざ痛の8割は変形性膝関節症が原因」についてです。

ひざ痛

ひざ痛でお悩みの人は、日本では1000万人以上と言われています。
ひざ痛は早い人では40代から始まります。
50代で徐々にその数が増えはじめて65歳前後から急増します。

中高年のひざ痛の8割を占めるのが、ひざの軟骨がすり減って起こる「変形性ひざ関節症」です。
60歳以上の女性に至っては4割以上の方が「変形性膝関節症」で悩んでいます。

ひざ痛の残りの2割の方は力仕事や歩き過ぎで、ひざ周りの筋肉や腱(筋肉と骨を結びつけている組織)が炎症を起こした一時的なひざ痛、もしくは変形性ひざ関節症の手前の状態です。

また閉経後の女性の方には軟骨が弱くなって起こるひざ痛があります。
それ以外にも、半月板損傷、関節リウマチ、偽痛風といったひざ痛の疾患もあります。

ひざ関節の構造

ひざは人間の体のなかでも、最も複雑で不安定な構造を持っています。



ひざ関節の痛みの原因には、関節の外側に起因する痛みと関節の内側に起因する痛みに分けられます。

ひざ関節の外側に起因する痛みとは

簡単にいうと筋肉系統の痛みです。活動や負荷が自分の筋力を上回った場合に起こると考えられています。

ちょっとした動きでズキンとくるひざの痛み。軟骨のすり減りが直接の原因かと思ったら、実はもう一つ忘れてはならない原因がありました。

それが、関節の周りを袋のように覆う「関節包」からの痛みです。この関節包や周囲の軟部組織には痛みを感じる神経がたくさんあります。

関節包や周囲の軟部組織が硬くなることで、ちょっとした刺激で痛みを感じやすくなったり、曲げ伸ばしがしづらくなったりします。

ひざ関節の内側に起因する痛みとは

ひざの軟骨、半月板、靭帯などが原因でおこる痛みです。

内側の痛みの主な疾患には、ひざの軟骨がこすれてすり減った変形性膝関節症が代表的な疾患です。

他にはスポーツのケガや事故などで起こる半月板や靱帯の損傷、関節リウマチなどがあります。

ひざの痛みの8割ほどは関節の外側、つまり筋肉系統の痛みです。

一般的にひざの関節は加齢で半月板が傷んだり、軟骨がすり減るなど言われているので、膝が痛いとイコールひざ関節の内側が原因というイメージですが、必ずしもそうではないんです。

みなさんもそう思い込んでしまっているかもしれませんね。

変形性膝関節症とは

ひざの関節では、大腿骨と脛骨、膝蓋骨の表面で厚さ6mm程度の軟骨が骨の間のクッションの役目をしています。変形性ひざ関節症ではこの軟骨がすり減り、ひざに痛みが起こります。

軟骨がすり減る原因は、加齢による軟骨の変化と軟骨にかかる力学的な負荷です。

肥満やO脚の人は軟骨がすり減りやすくなります。

軟骨が減ると滑膜炎という炎症が起こって、ひざに痛みが出たり水がたまったりします。
ひざの水は炎症で関節液が増えたものです。

同時に骨棘(骨のトゲ)と呼ばれる骨の出っ張りがひざ関節の骨の内側部分にできてきて、これが周囲の組織を圧迫して痛みを発生させます。

当初はひざのこわばりや動き始めにひざが痛む程度ですが、しだいに立ち上がりや階段の上り下りなどでひざの曲げ伸ばしがつらくなります。ひざが腫れたり、熱を持ったりすることもあります。

このような状態になると、太ももの内側の内転筋が力を失って痩せてくる人が出てきます。
さらに進むと、関節の変形が外から見ても目立つようになってきます。
慢性的に関節内に水がたまり、いっそう腫れます。

最終的には歩行や立ち上がりができなくなって、寝たきりになることもあるので進行をいかに抑えるかが重要になってきます。

O脚になる原因は

中高年の方で膝痛に悩む人が多いのは加齢とともに膝の軟骨が弱くなって、膝を支える周囲の筋肉も弱くなるためです。

変形性膝関節症の8割の方は骨盤が後ろに倒れた、骨盤の後弯が強くなった猫背の姿勢の方が多いです。

猫背の姿勢は背骨(腰骨)をお腹側から支えている腸腰筋が硬くなった姿勢です。

腸腰筋が硬くなって伸びが悪くなると、股関節が外側に捻じれてきます。

わたしたちの体は腸腰筋が働く時は太ももの裏側の筋肉でハムストリングスという、膝を曲げる働きの筋肉も同時に働いてきます。

このハムストリングスの筋肉が硬くなって伸びが悪くなると、ひざ下のすね(脛骨)が内側に捻じれてきます。

つまり、骨盤が後湾した猫背の姿勢になると、太ももは外側に捻じれて脛骨は内側に捻じれたO脚になってきます。

O脚になるとひざの関節にストレスがかかるようになってきてひざ痛を出してきます。

そのような状態で生活を続けていると、ひざ関節の内側の軟骨がこすれてすり減って「変形性膝関節症」となってしまうのです。

人間、歩いている限りは膝の軟骨に体重負荷がかかります。筋肉の収縮による圧迫力も受けます。

O脚になるとそれまでと同じような仕事、生活、運動をしていても、ひざに痛みが現れてくるのです。

整体でひざ関節の痛みが改善していく理由

ひざ痛は悪い歩き方が原因で起こってきます

ひざの痛みに強い、弱いの違いはあっても、ほとんどのひざ痛は筋力低下で姿勢が悪くなって、ひざに痛みをだすような悪い歩き方で起こってきます。

わたしたちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で体が歪んで猫背のように姿勢が悪くなると、普段の何気ない動作でもひざの関節に負担がかかるようになってきます。

元気で歩けるためには筋力低下した筋肉を回復させていく事が重要になってきます。

当院では筋力低下した筋肉を負担のかからないトレーニングで筋力を作ってもらい、痛くない矯正で体の歪みを整えていきます。

「体の歪み」を整えて血行を改善させ自律神経のバランスを回復させて、元気で歩ける体作りを全力でサポートしています。

「体の歪み」をそのままにした状態で痛みが出ているひざをマッサージなどしても、ひざ痛は治っていかないのです。

当院は痛くない矯正にこだわっています

整体というと 一般的に、「ボキボキ」 というイメージをされる方もおられますが、当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で知覚神経を介して脳からの反応を引き出して「体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて体を守ろうとします。

ですから強い力では、「体の歪み」は、直っていかないのです。

「体の歪み」を整えるには弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

一般的な整骨院(接骨院)や整体などで行われているようなリラクゼーション目的のマッサージや電気器具などはしておりません。

筋肉の疲労やこりが原因だから、「ストレッチをしよう。」「マッサージをしよう。」といった今までの発想と全く異なった整体です。

バキバキする整体やマッサージとは異なったオリジナルな痛くない、安心・安全な整体です。

当院の整体はひざ痛だからと言って「痛いひざ」だけの部分的な施術はいたしません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、
「再発しにくい体作り」、「痛みにくい体作り」を治療方針として、”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

初回は、【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い「自宅ケア」と、痛くない整体であなたのひざ痛を根本から改善していきます。

おすすめの関連サイト

膝の関節痛、変形性膝関節症の整体はコチラ

「体の歪み」を治すにはコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に、「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか?

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。