こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

ひざの痛みで「立つ」「歩く」「座る」がつらい。

「ヒアルロン酸注射」をしたが一向に良くならない。

医師から「変形性膝関節症」と診断された、このまま悪くなったら「寝たきり」が心配。

このような症状であなたはお悩みではありませんか?

健康で長生きの条件は「自分の足で歩けること」

日本で一番多い関節の痛みは「ひざ関節」といわれています。

60代の女性にいたっては4割以上の方が「変形性ひざ関節症」で悩んでいます。

「ひざが痛む。」「ひざの関節が変形してくる。」その原因は人それぞれですが、

長年の悪習慣や仕事の負担などで姿勢がゆがんで、歩き方に変なクセがついてしまうと、

歩くたびにひざの関節がぐらぐら揺れて、ひざの関節に大きな負担がかかるようになります。

まだまだ若い20代から30代で腰痛に悩み始め、40代にはひざの関節に痛みが出て、

あっという間に歩行にも支障をきたして、老年期には寝たきりに……。

ひざ痛、ひざ関節の変形は年齢のせいと諦めないで!

日本人の平均寿命は世界でもトップクラスです。

2017年の日本人の平均寿命は女性87,26歳、男性81,09歳でともに過去最高を更新しました。

しかしこの「長生き」、良いことばかりといえないのが現状です。

現在、要介護・要支援状態にある人の数は分かっているだけでもおよそ634万人。

その内「寝たきり」になっている人の数は200万人近いと言われています。

体の自由がきかない本人の苦痛はもちろん、世話をする周囲の家族にとっても大きな負担となっています。

要介護状態の平均年数は8年の長きにわたります。

そして「寝たきり」になってから、「お迎え」が来るまでは約1年。

人生最後の10年近くでこのような生活を送る人が多いのはつらいことです。

しかし、一方で90歳になってもいつまでも元気に活動的に暮らすお年寄りもいます。

自分で身の回りを整え、自分の足で歩いて外に出て活動的に過ごす。

そんな充実した生活を送ることが出来る人もいるのです。

そんな両者の違いは「体が動くか否か」が大きな分かれ目になっています。

周囲の家族に負担をかけることなく自立した生活を送り、自分のしたいことを自由にできるのは何をおいても動く体あってのことです。

そんな体を保ち続けるための大事な条件のひとつが「ひざの関節」です。

ひざの関節が痛みなく動くことが行動を妨げられない、自由に自分のしたいことが出来る体の条件になってきます。

逆に言えば、軽度の要介護から「寝たきり」になる原因はひざの関節のトラブルから始まると言えます。

ひざの痛みのために、やむなく外出を控えている方は少なくありません。

近所のスーパーへの買い物、お友達と楽しくデパートで買い物を楽しむ事も出来ず、

家族との旅行もあきらめておられる方が多いのです。

でも、あきらめないでください。

一度変形したひざの関節は手術以外で元に戻すことは出来ません。

しかし、

「ひざ痛、変形性ひざ関節症の痛み」は筋肉を正しくトレーニングすれば、ひざの関節の痛みはその場で変わります。

正しい筋肉の使い方をどんどん続けて弱い筋肉が力を回復すれば、やがて日常生活で「ひざ痛、変形性ひざ関節症の痛み」で悩むことはなくなってきます。

だからと言って、やみくもに体を鍛えればいいのかといえばそんなわけにはいきません。

やみくもに筋肉を鍛えても、ひざの痛みは治りません

ひざが痛むからといって動かさないでいると、ますますひざの痛みは悪化します。 

だからと言って、やみくもに動かしては逆にひざを痛めてしまいます。

ひざが痛いと筋力不足ですねとか、筋肉が上手く働いていないですね、とか言われて、

ひざの関節を動かす筋肉「大腿四頭筋」のトレーニングを指導される場合があります。

大腿四頭筋は太ももの前面についている筋肉です。ひざを伸ばす働きをする筋肉です。

 


イスに座って片脚を伸ばす大腿四頭筋のトレーニング。

 


寝た状態で行う大腿四頭筋のトレーニング。

 

ひざの痛みを軽減するために「ひざ回りの筋肉を鍛えて、ひざの負担を減らせばいいのではないか」と考えている人も多いのではないでしょうか。

このようなトレーニングをみなさんも行っていませんか? 

このようなトレーニングを続けた結果、いかがでしたか?

ひざの痛みはなくなりましたか? 痛みなく、歩くことができるようになりましたか?

大腿四頭筋を鍛えるトレーニングをしても、ひざ痛、ひざ関節の変形(変形性膝関節症)の痛みはとれません。

ひざの痛み、変形したひざ関節の痛みをとるには、大腿四頭筋よりもひざの関節を守る筋肉をトレーニングしていく事が重要になってきます。

なぜ? ひざの関節を守る筋肉が弱るのか!

では、なで? ひざの関節を守る筋肉が力を失ってしまうのでしょうか?

それには原因が2つ考えられます。

一つは体の歪みです。
体が傾いたり、ねじれがあったりすると、その状態で歩いたり運動したりすれば、ひざにかかる荷重がアンバランスになってひざの関節を守る筋肉に負担がかかるようになってしまいます。

もう一つの原因は股関節の状態です。
股関節から腰についている筋肉の状態がひざの関節を守る筋肉の働きに影響を及ぼしてくるのです。

一生自分の足で歩く! そんな人生を取り戻しませんか!!

「毎日一万歩を目標に歩けば体が健康になる」と、たくさん歩けば健康になるとい考え方はひざの関節にとっては非常に危険な考え方なのです。

健康のために、熱心にウオーキングや筋力トレ―ニングを続けていたら、逆にひざの関節の寿命を縮めてしまった。そんなケースは非常に多く見られます。

ひざの痛み、変形したひざ関節の痛みをとるには、ひざの関節を守る筋肉の力を回復させていくことです。

今すぐサイドメニューから読者登録して【動画】「ひざ痛、変形性ひざ関節症の痛みをとる体操」を、

[無料]で手に入れて一生、自分の足で歩く人生を取り戻してください。

整体でひざ関節の痛みが改善していく理由

ひざ痛は悪い歩き方が原因で起こってきます

ひざの痛みに強い、弱いの違いはあっても、ほとんどのひざ痛は筋力低下で姿勢が悪くなって、ひざに痛みをだすような悪い歩き方で起こってきます。

わたしたちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で体が歪んで猫背のように姿勢が悪くなると、普段の何気ない動作でもひざの関節に負担がかかるようになってきます。

元気で歩けるためには筋力低下した筋肉を回復させていく事が重要になってきます。

当院では筋力低下した筋肉を負担のかからないトレーニングで筋力を作ってもらい、痛くない矯正で体の歪みを整えていきます。

「体の歪み」を整えて血行を改善させ自律神経のバランスを回復させて、元気で歩ける体作りを全力でサポートしています。

「体の歪み」をそのままにした状態で痛みが出ているひざをマッサージなどしても、ひざ痛は治っていかないのです。

当院は痛くない矯正にこだわっています

整体というと 一般的に、「ボキボキ」 というイメージをされる方もおられますが、当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で知覚神経を介して脳からの反応を引き出して「体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて体を守ろうとします。

ですから強い力では、「体の歪み」は、直っていかないのです。

「体の歪み」を整えるには弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

一般的な整骨院(接骨院)や整体などで行われているようなリラクゼーション目的のマッサージや電気器具などはしておりません。

筋肉の疲労やこりが原因だから、「ストレッチをしよう。」「マッサージをしよう。」といった今までの発想と全く異なった整体です。

バキバキする整体やマッサージとは異なったオリジナルな痛くない、安心・安全な整体です。

当院の整体はひざ痛だからと言って「痛いひざ」だけの部分的な施術はいたしません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、
「再発しにくい体作り」、「痛みにくい体作り」を治療方針として、”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

初回は、【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い「自宅ケア」と、痛くない整体であなたのひざ痛を根本から改善していきます。

おすすめの関連サイト

膝の関節痛、変形性膝関節症の整体はコチラ

「体の歪み」を治すにはコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に、「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか?

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。