こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。
いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は、「膝の関節痛、変形性膝関節症を良くする仕組み。」についてです。

ご存知ですか?膝関節の痛み、変形性膝関節症を良くする仕組み

現在日本で最も多い関節疾患は、「変形性膝関節症」といわれています。

膝の関節痛でお悩みの人は、またほぼ100%に近い割合でお尻の筋肉が筋力低下しています。

お尻の筋肉が筋力低下すると腰が曲がって背中が丸まった猫背の姿勢になってきます。
そして膝も強制的に曲がってがに股の姿勢になってきます。

このような姿勢になると日常生活の動作、歩行が膝の関節に負担をかけるようになって膝に痛みを出してきます。

ほとんどの膝の関節痛は姿勢が悪くなって身体が歪んで、歩き方が悪くなることで起こってきます。

膝の関節痛を我慢しているとやがて膝の軟骨がすり減って関節が変形してきます。

整形外科でレントゲンを撮ると、「変形性膝関節症」と診断されます。

元気で歩ける身体になるには、筋力が低下したお尻の筋肉を回復させていく事が重要になってきます。

それでは膝の関節痛でお悩みの人が、お尻の筋肉を鍛えれば膝の痛みが取れのか?といえば、
膝の痛みはそんな簡単な話ではありません。

なぜならお尻の筋肉は、○○筋と○○筋がしっかり力を出せていないとお尻の筋肉を鍛えても十分に使えないのです。

膝の関節痛でお悩みの方は、○○筋と○○筋が十分に力を出せているか? 当院の施術で実際に体験してみて下さい。

膝の関節痛が、なぜ起こるのか?

膝の関節の痛みがなぜ起こるのか?を考えると、日常生活での姿勢や動作、歩き方が原因になることがほとんどです。

姿勢や動作、歩行を作っているのは筋肉であり、筋力がそれらを決めています。

例えば、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)が筋力低下して歩いている時に働いていなければ、膝の緩衝動作が起こらずに膝を痛めやすくなります。

膝の痛みに強い、弱いの違いはあっても、膝の関節痛の要因はほとんどが筋肉の低下で起こっています。

ですから筋力低下した筋肉を回復させないことには、膝の関節痛は絶対に治らないのです。

あなたは筋力低下した筋肉がマッサージ、ストレッチ、薬、湿布、電気、注射で筋力が回復すると思いますか?

当院では筋力低下した筋肉を負担のかからないトレーニングで筋力を作ってもらい、痛くない矯正法で身体の歪みを整えていきます。

当院の膝関節痛の症例

岡山 節子様(仮名)62歳 女性 会社員 

右ひざが痛くて、正座が出来ない。歩き始めと階段の下りで膝が痛む。

4~5年前に歩行中に膝がギクッとなって、それから膝が痛いまま現在に至る。

今まで整体に通っていたがなかなか良くならないので、今回当院のホームページをネットで検索されてご来院されました。

当院で、「身体の歪み」を検査したところ、上半身が左に捻じれ、左に傾いた状態で、骨盤(お尻)も左に捻じれた状態の歪みでした。

立位姿勢を横から見た時、骨盤が曲がって背中が丸まった猫背の姿勢で、膝が外側に開いた、がに股の状態でした。

右足の太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)が硬くて、右側のお尻の筋肉も硬く(殿筋)、右足のすねの内側の筋肉(後脛骨筋)も触ると硬くなっていて圧痛がありました。

施術はまずは、「身体の歪み」を矯正して血行を改善して、右膝への偏った負担がかからないように筋力を失った筋肉が回復できる状態を作っていきました。

症状の改善具合を見ながら、3回目の施術からは、「筋力を失った筋肉のトレーニング」も追加していきました。

合計6回の施術で、日常生活で右膝の関節に痛みが出ない状態を確認して、施術を終了しました。

整体で膝の痛みが改善していくそのわけは

身体は骨格を支えて動かすために筋肉があります

私たちの身体は本来、全身の筋肉が、「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかし、筋肉の慢性疲労で身体が歪んで姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作でも、膝の関節に負担がかかるようになってきます。

その結果、姿勢の歪み、日常生活での動作、歩行などで膝関節が刺激されて、膝の痛みが引き起こされるようになってしまいます。

ほとんどの膝痛は、「身体の歪み」が原因で慢性的に筋肉、筋膜等に、「負担のかかっている部分」が出来ているために引き起こされています。

したがって、「身体の歪み」を整えて不均衡が無くなれば、筋肉、筋膜等に負担がかからない状態になるので、筋肉内の血行が改善されて酸素欠乏状態や疲労物質、疼痛物質の発生、蓄積などが起こらないようになってきます。

当院の整体は、「身体の歪み」を痛くない矯正で整えて血行を改善させて、自律神経を正常化させて身体の機能性を回復させていきます。

身体の機能性が回復すれば、ほとんどの膝痛は本人の治癒力に応じて必然的に出なくなって治っていきます。

「身体の歪み」をそのままにした状態で、痛みが出ている膝部をいくらマッサージなどしても、膝痛は治っていかないのです。

当院は痛くない矯正にこだわっています

整体というと 一般的に、「ボキボキ」 というイメージをされる方もおられますが、当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して、「身体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、身体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて身体を守ろうとします。

ですから強い力では、「身体の歪み」は、直っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

一般的な整骨院(接骨院)や整体などで行われているようなリラクゼーション目的のマッサージや電気器具などはしておりません。

筋肉の疲労やこりが原因だから、「ストレッチをしよう。」、「マッサージをしよう。」といった今までの発想と全く異なった整体です。

バキバキする整体やマッサージとは異なったオリジナルな痛くない、安心・安全な整体です。

当院の整体は、膝痛だからと言って、「痛い膝」だけの部分的な施術はいたしません。

「身体の歪み」を整えて、膝痛の出ない身体に戻していきます。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を治療方針として、
”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

初回は、【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。
2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い、「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの腰痛を根本から改善していきます。

おすすめの関連サイト

膝の関節痛、変形性膝関節症の整体はコチラ

「体の歪み」を治すにはコチラ

腰痛、腰の痛みの整体はコチラ

坐骨神経痛の整体はコチラ

変形性腰椎症の整体はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に、「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか?

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。