外反母趾を改善する有効な足の治療法|「痛みは動かして治す!」新しい考え方の整体治療

こんにちは、大阪市西区北堀江で根本改善を専門とした整体【痛くない矯正】と【筋力体操】のオガワ筋整復治療院、院長の小河です。

今回は「外反母趾に有効な足の治療法」についてお伝えします。

外反母趾の原因と治療

足の障害・外反母趾が起こるメカニズム

この動画では、中高年の足の障害・外反母趾がなぜ?

どのようにして起こってくるのかについて話しています。

“中高年の足の障害”と言っていますが「外反母趾」は、どの年代の方でも同じようにして起こってきます。

外反母趾は足の親指の付け根の骨が変形して、親指が小指側に曲がってしまう病気です。

親指の付け根が靴に当たって痛みや炎症を起こしたり、親指が人差し指と重なって圧迫による痛みが生じて悪化すると、歩くことすらままならなくなることもあります。

外反母趾に有効な治療法とは

外反母趾が起こる原因として、

1、悪い歩き方のくせ

股関節を支えている筋肉が筋力低下すると、骨盤が歪んで歩き方が悪くなってきます。

正しい歩き方はかかとから着地するのですが、かかとから着地するのではなくて、つま先や足全体を地面につけるような悪い歩き方をしていると、足の親指の付け根に負荷がかかってきます。

女性の方に多い内股の人も、歩いていると自然に親指の付け根に負荷がかかります。

負荷を受けた親指は、徐々に変形して曲がっていき、外反母趾を引き起こします。

2、合わない靴による足の圧迫

サイズの小さい靴や先が細い靴は、足を圧迫するので親指が変形する原因となります。

ヒールが高い靴も足が前に滑りやすくなるため、つま先に負荷がかかり外反母趾を引き起こしやすくなります。

合わない靴やヒールの高い靴は、歩くときに膝が曲がったり、歩く姿勢が悪くなったりすることで、足の親指の関節に負担をかけるため外反母趾の原因の一つと考えられています。

3、筋力の低下

生活習慣の変化などによって足の筋力不足で、徐々に足の親指を横に広げる筋肉が弱まり、足の横のアーチが崩れることが多くなりました。

足のアーチが崩れることで、足の親指の角度を保つ筋肉の力が低下して外反母趾を引き起こします。

足のアーチの異常は大きく分けて二つあります

足のアーチの異常というのは大きく分けて二つになります。それは、

  • ローアーチ(偏平足)になっているのか?
  • ハイアーチ(扁平足の逆で縦アーチの病的に高い状態)になっているのか?

という二つです。

外反母趾は、ローアーチ(偏平足)になっている方が多いです。

外反母趾は重症化すると親指の関節が半分脱臼した「亜脱臼」という状態になます。

放っておくとさらに変形が進行してしまいます。

治療は大きく分けて2種類。保存療法と手術です。

手術は最終手段ですので、基本的には保存療法から行います。

外反母趾はマッサージでよくならない!

マッサージをしてもらっても一時的には、”改善した気がする”だけで、家に帰るころには症状が戻っていると思います。

つまり、外反母趾は筋力を改善させないことには治らないのです!!

マッサージしてもらうと筋肉が付きますか?

温めて筋力が付きますか?

関節をボキボキしてもらうと筋力が付きますか?

痛み止めの薬、湿布薬、注射、電気治療、ホットパックで温める、ボキボキ関節を動かす、テーピング・サポーター、マッサージ、は外反母趾の原因治療ではないのです。

外反母趾に有効な治療法とは、筋力トレーニングで弱くなった足の筋力を強くすることです。

ローアーチ(偏平足)の人は、足の後脛骨筋と呼ばれる筋肉をトレーニングして強くすることが、外反拇趾に有効な予防と治療になります。

後脛骨筋

後脛骨筋は、足の甲の内側にある「舟状骨」という骨に付ています。

働きとしては舟状骨を引っ張り上げるようにして、足部の内側縦アーチを支えています。

舟状骨についている後脛骨筋が筋力低下を起こす、または働く割合が少ないと舟状骨が落ち込み「偏平足」になります。

足部の解剖イラスト

この後脛骨筋が筋力低下して「偏平足」になると、足は同時に足底内在筋、特に「母指外転筋」が拇趾の固定性を失い力を発揮できなくなります。

母趾外転筋は親指を外側に開く筋肉です。この母趾外転筋の筋力が失われると、「外反母趾」がどんどんひどくなっていきます。

外反母趾の痛みを我慢していると…

外反母趾は、足の親指が外側に変形することで痛みが強くなります。

その結果、痛む親指(拇趾)をかばって重心が自然と踵(かかと)に偏ったりしてきます。

すると身体はバランスを保つために、無意識に首を前に突き出すような姿勢になってきます。

外反母趾で姿勢が悪くなると、

「膝が痛む。」 「腰が痛む。」 「背中(背骨)が痛む。」

「肩がこる。」 「頭痛がする。」 「顎の関節が痛む。」(顎関節症)、

「耳鳴りや難聴になる。」

などの症状までも引き起こしてしまうことがあるのです。

「外反母趾」はこのように身体の他の部分に原因不明の痛みをだしてしまい、一生苦しむような障害を引き起こしてしまうことがあるのです。

外反母趾が女性に多い理由

「外反母趾」は、一般的にはハイヒールのせいだと言われています。

しかし、実はこれは正しい答えではありません。

なぜなら、まだ一度もハイヒールなど履いた事のない小・中学生の女子にも外反母趾が多発しているという事実があるからです。

靴はあくまで二次的な要因でしかなくて「外反母趾」の本当の原因は「生活習慣」が問題なのです。

交通手段などの発達により、昔に比べて絶対的な運動不足で足の筋力が弱っていることに原因があります。

運動不足により本来、足がもっていた機能が徐々に衰えて、足先が弱くなり足の親指の変形をもたらしているのです。

ですから外反母趾は「靴を替えれば足の痛みも治る。」という安易な誤った考えは捨ててください。

靴を買い替えるより先に「弱くなった足。」に正しい施術をおこなうことが重要になってきます。

それとハイヒールばかりを悪者にして、見過ごしていることがもう一つあります。

それは「なぜ男性より女性の方に外反母趾が多いのか?」ということです。

そこには男性と女性の「筋力の違い。」がかかわってきます。

一般的に男性より女性の方が、筋力が弱いのは周知の事実です。

にもかかわらず「重力」は、男性にも女性にも同じようにかかります。

そのため男性に比べて、女性のほうが「重力」の負担を受けやすくなります。

女性の方は筋力が弱いために身体を支えるのに足の親指の力に頼らずに、ついつい楽な指の付け根に重心を集中させてしまいます。

そのため次第に足の親指の力が衰えて、退化と共に外反してくるのです。

このことは、子供にも外反母趾が多発している事とつながってきます。

今の子供たちは塾や習い事、TVゲームなどで外で走たりして遊ぶ事が少なくなっています。

絶対的な運動不足で子供の筋力の発達が不十分なことが原因となって、子供にも外反母趾が増えてきています。

今なら初回料金60%OFFです

当院が初めての方、今なら初回料金60%OFFです。(^^)!

通常、初回は初検料3,300円+施術料8,800円=12,100円ですが、当院が初めての方は4,800円(税込み)で受けて頂けます。

なぜ?60%OFFの料金で施術を受けて頂けるのかと言いますと、

「痛みは動かして治す!」 新しい考え方の整体を体験して効果を実感してもらいたいのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

外反母趾の原因と治療

足底筋膜炎・かかとの痛み、原因と治療

大阪市西区北堀江の整体・オガワ筋整復治療院 トップページ