こんにちは、大阪市西区北堀江で根本改善を専門としたHB整体・オガワ筋整復治療院、
院長の小河です。

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は当院に「左手の親指、人差し指のしびれ」が気になって来院された方の症例をお伝えしたいと思います。

しびれの原因となる主な病気

日常生活で、”しびれ”という言葉はいろいろな意味で使われています。

たとえば、「触っても感覚がにぶい。」、「冷たさや熱さがが感じにくい。」、「痛みを感じにくい。」などの感覚鈍麻(感覚の低下)を意味することもあれば、

「何もしなくてもジンジンする、ビリビリする。」、「針でさされたような感じ。」、「灼けつく様な感じ。」などの異常感覚を意味することもあります。

また、「手足に力が入りにくい。」、「動きが悪い。」などの運動麻痺(脱力)をしびれとして表現することもあります。

このようにしびれの内容は実に多彩です。

また、しびれを引き起こす原因も脳の病気、脊髄の病気、手足の末梢神経の病気など、いろいろな病気が挙げられます。

脳の病気

”しびれ”で心配される病気の一つとして、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害があります。

通常、脳血管障害によるしびれは、急に出現した片側性の症状であることが多いです。

口の周りと片側の手がしびれる場合なども脳血管障害の可能性があるので注意しましょう。

脊髄の病気

背骨(脊椎)に異常があって、首(頚椎)や腰(腰椎)の神経を圧迫することによって生じるしびれは、慢性的なしびれで最も多い原因の一つです。

脊柱管狭窄症や頚椎・腰椎ヘルニアなどは発症の日時が不明であったり、症状の変動があったり、ある一定の領域に限局してしびれを認めたりします。

末梢神経の病気

手足の末梢神経の障害によるしびれも日常でよく遭遇するしびれです。

頚椎症(頚椎の椎間板や椎骨が加齢に伴って変性・変形することで起こる病気。)、

胸郭出口症候群(首と胸の間を通る神経が圧迫されて起こる一群の病気。)、

手根管症候群(手首の骨と手根靭帯に囲まれた空間・手根管内で、何らかの原因により正中神経が圧迫されると起こる病気。)、

撓骨神経麻痺(橈骨神経が変な姿勢で寝たりすることで、二の腕の裏あたりでつぶれて傷み、手首や指を伸ばしにくくなる病気。)など、

神経の絞扼に伴うもの、血管炎や膠原病などの炎症が関連するもの、ギラン・バレー症候群などの免疫が関連するもの、糖尿病やビタミン欠乏などの代謝性疾患に伴うものなど、

末梢神経の障害だけでもしびれの原因は実に様々です。

当院の「親指、人差し指のしびれ」の症例

今回、紹介する症例は左手の「親指と人差し指のしびれ」で、来院された34歳の事務職の男性の改善事例です。

運動習慣がなくてお風呂は湯船に浸からずシャワーでけで済ませる、飲酒、睡眠不足な生活習慣の方でした。

今年のお正月から、左手の親指と人差し指にしびれを感じだして、そのうちに治るだろうと様子を見ていた。

しかし、しびれが治らず5月から一か月半ほどの長旅に出るので不安になって一度見てもらいたい、悪化させたくないのでと来院されました。

病院には行かれていないので医師の問診、レントゲンなどの検査、病名などは診断されていません。

今回の左手の「親指、人差し指のしびれ」の始まりは仕事柄、もともと肩こりがあって首、肩上部のこりから次第に腕の前面、上腕二頭筋(力こぶができる筋肉)、肘から手首にかけて凝り感を感じていたのが、正月からは指のしびれも感じるようになったということです。

今日までの症状の経過を聞いて、動作を見た限りでは、(首を傾けたり、腕を挙げたり、手首を曲げたりで指のしびれが強く変化するか?)

今回の指のしびれは、肩こりから肩甲骨の位置異常がおきて、しびれを出していると判断して施術を行いました。

当院の整体施術は、「体の歪み」を痛くない矯正で整えて肩甲骨周りの偏った負担を取り除き、血行を回復させて疲労で硬くなった筋肉を緩めていきます。

しかし、硬くなった筋肉を緩めるだけでは、症状はすぐに戻ってしまいます。

何故なら、肩甲骨から首にかけての筋肉が硬くなるのは、肩甲骨周囲に「筋力低下」した筋肉が存在しているからです。

ですから、当院では硬くなった筋肉を緩めるだけでなくて、負担のかからないトレーニングで筋力低下した筋肉も回復させていきます。

今回の34歳の事務職の男性は、初診の施術で左手の「親指と人差し指のしびれ」がなくなりました。

しかし、体の不調は

  • 体の歪みを脳が記憶している
  • 生活習慣で体を歪ませてしまう

上記の2つの理由から施術後に”しびれ”がとれていてもこの後、何もしなかったらすぐに症状が戻るので、「当院で指導する自宅ケアの筋肉トレーニング」を最低でも2か月は続けるように伝えて施術は1回で終わりました。

整体で左手の「親指、人差し指のしびれ」が改善していく理由

肩こりでお困りの方は肩上部から首にかけての筋肉(僧帽筋や肩甲挙筋など…)、

背中の肩甲骨と背骨の間の筋肉(菱形筋や肩甲骨にある棘上筋・棘下筋など…)、

胸から首の前面の筋肉(大胸筋・小胸筋や斜角筋など…)

腕の筋肉(上腕二頭筋や三頭筋、小円筋など…)、

などが硬く凝ってきます。

これらの筋肉が硬く凝ってくると、肩が前に巻き込んだ、”巻き肩”になって「猫背の姿勢。」になってきます。

パソコンを使われることの多い事務職やスマホをよく使われる方に多く見られる歪んだ悪い姿勢です。

”巻き肩”や”猫背の姿勢”に姿勢になると、背中の肩甲骨が硬く凝った筋肉に引っ張られるので本来あるべき位置から逸脱してきます。

肩甲骨の位置異常が起こってくると背骨(胸椎)の弯曲がおかしくなってきて(猫背)、その結果首(頚椎)の弯曲もなくなってきます。(ストレートネック。)

そのような状態になってくると首の動きが悪くなって首(頚椎)から腕に向けて出ている神経に負担がかかるようになってきます。

レントゲンを撮って頚椎の骨に異常が見られなくても、上記のように筋肉が硬くなることでも腕に痛みやしびれが出るようになってきます。

なぜ?肩甲骨が位置異常を起こすのか!

肩甲骨を支えている筋肉が筋力低下することで、肩甲骨の位置異常が起こってきます。

肩関節を支えている筋肉が、なぜ筋力低下するのか?

肩甲骨を支えている筋肉が、なぜ筋力低下を起こすのか?

その原因を考えると、日常生活での悪い歪んだ姿勢や腕の使い過ぎからの疲労が、自己治癒力で疲労を回復させることが出来ない”生活習慣”があるからです。

私たちは職業、年齢、性別など個人差はありますが毎日、知らず知らずに偏った筋肉の使い方をしています。

毎日の生活で酷使されて筋肉が疲労で硬くなって、「筋力低下」することで身体が歪んできます。

あなたは筋力低下した筋肉が、マッサージ、ストレッチ、薬、湿布、電気、注射で筋力が回復すると思いますか?

肩こり、手指の痛み・しびれにはマッサージやストレッチ、電気治療などより、筋トレで筋肉のバランスを整えることが効果的です。

しかし、やみくもにトレーニングしても、筋力低下した弱い筋肉は回復しないのです。

手指にしびれをだしている方が、健康な人が一般的におこなうような筋力トレーニングをしても弱い筋肉は回復しないのです。

弱い筋肉を単独で鍛える特別な筋力トレーニングをしないことには回復していかないのです。

手指のしびれを根本から早く治していくには

●弱くなった筋肉を単独で鍛えて、筋肉の出力を回復させる。

●歪みを整えて自律神経のバランス、血液の流れを改善させる。

整形外科、接骨院、マッサージ、針灸、整体、カイロ、筋膜リリースなど、痛みを治すための治療技術は星の数ほど存在しますが、

上記の2点を同時に行っている治療院が非常に少ないのが現状です。

当院の整体は「体の歪み」を整えて血行を改善させて、さらに痛み・しびれの原因の弱くなった筋肉を負担のかからないトレーニングで筋力を回復させていきます。

本気でしっかり、肩こり、手指の痛み・しびれを治したい方にお勧めの根本改善を専門とした整体です。

痛くない矯正にこだわっています

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

なぜ? 弱い力で矯正するかと言いますと、体は強い力で矯正されると生体防御反応が働いて、無意識に筋肉を硬くさせて身構えて体を守ろうとします。

ですから強い力では「身体の歪み」は、直っていかないのです。

「身体の歪み」を整えるには、弱い力でないと矯正されないのです。

しかも、ポキポキ、バキバキ捻じる様な痛い矯正には危険が伴います。

経験の浅い未熟な先生が矯正をして余計に痛くなった、施術前よりひどくなった、など全国で痛い矯正、バキバキ捻じる矯正でトラブルが起ています。

当院ではボキボキ、パキパキ、音が鳴るような痛い危険な矯正は一切しておりません。

整体が初めての方、妊婦さんや小さなお子様からご年配の方まで、安心して安全に整体を受けて頂いております。

マッサージや電気治療などはしておりません

当院の整体は、「痛い部位(痛みや痺れなどお悩みの症状が出ている部分)や、筋肉が凝っている部位」だけの部分的な施術はいたしません。

一般的な整骨院(接骨院)や整体で行われているような、慰安目的の一時しのぎのマッサージや電気治療などはしておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように、「再発しにくい身体作り」、「痛みにくい身体作り」を治療方針として、 ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診

2、検査

3、施術

4、施術後の効果の確認検査

【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。

2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では、「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い、「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの、お悩みを根本から改善していきます。

お待たせしないように<予約制>の整体院です

予約電話:06-6534-0551

駅近の通院に便利な整体院です

地下鉄、長堀鶴見緑地線、「西大橋」駅前。

2号出口から地上に上がってすぐ目の前です。
4号出口からも地上に上がって徒歩30秒です。

地下鉄、四つ橋線、「四つ橋」駅4号、2号出口からは西へ徒歩4分です。

住所:大阪市西区北堀江1丁目20-13ライフシステムビル201

西大橋の交差点の南東角。
コンビニのセブンイレブン、馬渕教室から2軒東隣りの12階建ビルの2階です。
2階の窓に屋号が書いてますからすぐにわかります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

肩こりの原因と治療

胸郭出口症候群の原因と治療

手根管症候群の原因と治療

脊柱管狭窄症の原因と治療

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が、 ”筋整復治療院” となっているからか?

「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてある、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っているが針治療はしていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのか、

電話で、「どんな治療なのですか?」と聞かれることがあります。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。

無理があるというより、電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることはできません。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので、

「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。