こんにちは、大阪市西区北堀江で根本改善を専門とした整体、【痛くない矯正】と【筋力体操】のオガワ筋整復治療院、院長の小河です。

今回は、「腰痛が病院に行っても治らない理由。」 についてお伝えしたいと思います。

「腰が痛いな……」と感じたら、まずは市販の湿布薬や塗り薬、痛み止めの薬を飲んだり、マッサージを試してみたりする方が大半だと思います。

しばらく様子をみて、それでも治らなかったらいよいよ病院、整形外科に行かれると思います。

しかし、実は腰痛の85%は、病院に行っても完治することはありません。そのわけとは……。

目次

腰痛が病院で治らないそのワケ

病院に行ったら腰痛は治る? 残念ながら答えはNOです!

医師の診察、レントゲンやMRIなどの検査で腰痛の原因が判るのは15%程度です。残りの約85%の腰痛は病院では原因が判りません。

15%程度の原因が特定される腰痛は、骨の変形や椎間板が飛び出すヘルニア、内臓の病気から由来する腰痛などです。

腰痛の原因が分かれば直接治す「原因治療」が行われます。

一方で残りの85%の腰痛は原因が分からないから「筋・筋膜性腰痛症」または単に「腰痛症」と診断されます。

治療としては、痛み止めの薬や湿布、コルセットやサポーター、関節が腫れているなら注射、マッサージや電気治療、ホットパックで温める、腰を引っ張るけん引……などの「対症療法」で様子をみることになります。

対症療法は腰痛を治す「原因治療」ではないので結局、ほとんどの腰痛は病院ではこれといって決定打がないのが現状です。

なぜ腰痛の原因が病院でわからないのか?

今や国民病と言われるほど患者の多い腰痛ですが、その約85%は病院の検査ではっきりとした原因が分からないのはなぜでしょうか?

それは、腰痛の場合、必ずしも腰の組織に明らかな原因があるとは限らないからです。

また、腰痛は複数の要因が関係していることも多く、原因の特定が難しいケースが多いためです。

腰は膝と並んで体の中でも何かと負荷がかかりやすい部位であり、何が負担となっているのか分かりにくいということもあります。

腰痛が起こる要因としては、

・組織の老化、

・筋力低下、

・運動不足、

・腰の疲労蓄積、

・生活習慣上の問題、

・姿勢のゆがみ、

・肥満による腰への負担増、

などいくつかの複合的要素が考えられます。

レントゲンやMRIなど、画像検査で原因が分からない腰痛

姿勢の悪さ・歪んだ姿勢で起こる腰痛

前かがみや傾いた姿勢を続けていると、腰の筋肉に大きな負担がかかります。

姿勢の悪さ・歪んだ姿勢は腰痛の原因になります。

過度の運動や動作(仕事)で起こる腰痛

激しいスポーツや、重いものを持ち上げたとき、また肉体労働などで腰の筋肉を酷使したときも腰痛が起こることがあります。

急激な動作は避け、腰に負担をかけないように気を付けましょう。

筋肉の衰えで起こる腰痛

運動不足や、加齢のために腰の筋力が衰えている人は、腰にかかる負担がいっそう大きくなるので腰痛を起こし易くなります。

腰の周りにある大腰筋(だいようきん)や腸骨筋(ちょうこつきん)、お尻にある大殿筋(だいでんきん)や中殿筋(ちゅうでんきん)の筋力が衰えると、腰椎に負担がかかるようになるので、腰痛を引き起こします。

腹筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがあるので、腹筋の筋力が低下すると正しい姿勢が保ちにくくなり、腰に負担をかけることになります。

筋肉は姿勢を保つのに大きく関与しています。

筋力の低下が原因で、坐位から立ち上がる時など動作時に腰痛の要因となります。

普段から適度な運動して筋力を維持しておきましょう。

体は運動をしていないと筋肉量は、一般的に25歳時をピークに毎年0.5~1%程度の筋肉量を減らしていきます。

骨の老化で起こる腰痛

閉経後の女性には、骨粗しょう症で骨がもろくなり、圧迫骨折を起こす人がいます。

そのため、背中が曲がるなどして、背中から腰にかけて痛みが起こります。

若いうちから必須アミノ酸を含んだタンパク質を十分にとって、体(骨)を丈夫にしておきましょう。

内臓などの病気で起こる腰痛

肝臓や子宮などの病気によって腰痛が起こることがあります。がんこな腰痛は躊躇せずに医師の診察をあおいでください。

日常生活(生活習慣)が原因と考えられる腰痛

1、長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張で起こる腰痛

長時間座っていたり、立ちっぱなし、中腰など、無理な姿勢を続けていると腰の筋肉が緊張して、時間の経過とともに筋肉が疲労して血行が悪くなり、腰に痛みが起こります。

2、過剰な動きや無理な負担で起こる腰痛

過度の運動によって筋肉は疲労し、徐々に緊張を強めて腰痛を引き起こします。

また、腰に無理な力がかかるような動作を行うと、ぎっくり腰など急性の腰痛を招くことがあります。

腰痛は何故、起こるのか?

体の歪みが腰痛を作る!

姿勢のよい人の立った状態を横から見ると、耳・肩・股関節・膝・くるぶしを結ぶ直線が垂直に並んでいます。

また正面からみると正中線で左右対象になり、肩の高さ・骨盤の高さが左右同じ位置になっています。

姿勢のよい人は関節や筋肉に無理な負担がかからないので、長い距離を歩いたり、長時間立ちっぱなしの状態でも平気ですが、

姿勢の悪い人は少し歩いただけ、少し立っているだけでも、すぐに疲れてしまいます。

体は構造上、重い頭部を細い首で支えなければなりません。

体の中心から頭部が少しでもずれると、支える力は実際の頭部の重さの何倍も必要になります。

1インチ(約2.5センチ)ずれると首への負担は2倍になるといわれています。

そのため姿勢が悪いと頭部を支える首・肩に緊張が生じ、これがさらに背中の筋肉を緊張させ、腰や膝へ負担をかけて腰痛、膝の痛みが起こってきます。

スマホをよく使われる方は常に首を前傾させているので、頭部を支える首・肩に負担をかけ続けていることになります。

このように普段の何気ない日常動作でも、毎日続けていると体は簡単に肩こりや腰痛を出してしまうのです。

腰の構造上の問題と、慢性腰痛は無関係の事が多い

腰痛の方でレントゲンやMRIなどの検査で、背骨の関節に問題が見つかったら「椎間関節症」。

椎間板に問題があれば「椎間板症」。

椎間板が裂けて中身が脱出していると「椎間板ヘルニア」と病名が付けられます。

しかし、構造上の問題が原因で引き起こされる腰痛は、実はそれ程多くはありません。

症状のある場所に負担が掛かるために構造に問題が出ているだけで、多くの場合、構造上の問題と慢性腰痛は関係がない場合がほとんどです。

たまたま腰が痛い時に検査をして構造上の問題が見つかっただけで、同じような腰の構造上の問題がある様な方でも、腰痛がなく過ごせている方は大勢おられます。

つまり病院でレントゲン・MRIを撮って、あなたの腰痛の原因は「椎間板が潰れていためです。」

あるいは「ヘルニアです。」と言われたとしても、実は腰痛の本当の原因ではない事もあるのです。

慢性の腰痛は筋肉の酸欠が原因

腰痛が起こる原因は、疲労によって筋肉が緊張していることで血管が狭められて、血液の循環が悪くなるために酸欠状態となっていることです。

我々の体はこの状態を回避するために、血管を拡張させる働きのある物質・ブラジキニンを発生させます。

このブラジキニンは痛みの物質なので、結果として痛みを発生させます。

痛みは悪者とは限らない。

痛みの原因であるブラジキニンが発生しなければ組織は酸欠で死んでしまいます。

つまり痛みが悪者ではなく、悪いのはそこまで身体が疲れた状態を作ってしまった事です。

なぜ疲労が回復しないのか

何故そこまで疲労が溜まってしまうのか?

疲労ならスポーツ選手や肉体労働者はいつも疲労しているはずで、常に腰痛で苦しんでいるはずですよね。

腰痛や肩こりなどは疲労することが問題ではなく「疲労が回復しない体」に問題があるわけです。

不良姿勢が慢性疲労の原因

それでは、この回復しない疲労の原因は何か?それはズバリ!「不良姿勢・歪んだ体」です。

姿勢が良ければ骨格を軸に筋肉をあまり使わなくても活動することができますが、姿勢が悪くなることで筋肉の負荷は何倍にもなります。

不良姿勢は関節の可動域の悪さが原因です。

関節の可動域の悪さが原因で筋肉が常に緊張して血行も悪くなっているため、疲労に血行不良が加わって疲労が蓄積して行きます。

整体の腰痛施術

腰痛に対する整体の考え方

痛みが発生するのは体の防御反応です。

むやみやたらに痛み止めを飲むということは、この防御反応を無理やり抑えることになるので、あまりお勧め出来ません。

また慢性腰痛は急性腰痛のような炎症による痛みではないので、消炎作用のシップを貼るのもおかしな話です。

整体の施術は「体の歪み」にアプローチする事で一時しのぎではない、真に健康な状態を手に入れることを目的としています。

整体で腰痛が改善していくワケ

体は骨格を支えて動かすために筋肉があります。

私たちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかしながら、筋肉の慢性疲労で体が歪んで姿勢が悪くなっていると、普段の何気ない動作でも腰の関節に負担がかかるようになって腰部が刺激されて痛みを引き起こすようになってしまいます。

整体は、この崩れた筋肉のバランスを痛くない矯正で整えて、痛みの出ない体に戻していきます。

筋肉のバランスが整えば、血行が改善されて自己治癒力が発揮できる体となって腰の痛みは自然と出なくなって治ってきます。

腰痛の新常識!腰痛は動かして治す。

筋力を高めると腰痛が改善する

近年、腰痛に対する考え方が大きく変わってきました。

腰痛は安静にすると筋力が低下してかえって悪化するため、身体を動かすことを推奨するようになっています。

私たちの身体は約500以上の筋肉があります。

筋肉は身体を動かす「アウターマッスル」と、関節や骨格を支える「インナーマッスル」の2種類に分けられます。

関節を支えるインナーマッスルが筋力低下すると、身体を動かしたときに腰に負担がかかり筋肉が過緊張を起こして痛みをだしてきます。

「筋・筋膜性腰痛症」の痛みはこのようにして起こってきます。

「筋・筋膜性腰痛症」を治すには湿布薬や痛み止めではなくて、筋力低下した関節を支えるインナーマッスルを筋力トレーニングで強くすることです。

だからといって、やみくもに筋力トレーニングすれば腰痛が改善するのか?というとそういうわけにはいきません。

何故なら一般的な筋力トレーニングでは、身体を動かすアウターマッスルが鍛えられて、関節を支えるインナーマッスルは強くならないのです。

関節を支えるインナーマッスルを単独で正しくトレーニングしないことには、筋力低下したインナーマッスルは強くならないのです。

当院ではこの特別なトレーニングを「筋力体操」と呼んでいます 。

一般的な整体や接骨院とは違う、当院の施術の特徴

当院の整体は歪んだ体を「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、血行を改善して自己治癒力が発揮できる身体にして、関節を支えるインナーマッスルを「筋力体操」で強くして腰痛を改善しています。

「筋・筋膜性腰痛症」をはじめとしたほとんどの腰痛は体の歪みを矯正しても、「関節を支える。」筋力が弱いままだとすぐに症状が戻ってしまいます。

当院の整体は、「腰痛は動かして治す!」を治療方針として、

・筋力低下した筋肉を「特別な筋力トレーニング・筋力体操」で強くしていきます。

・体の歪みを「痛くない矯正」で優しく整えて血行を改善させ治癒力を高めていきます。

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません

3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で、「体の歪み」を整えていくオリジナルな整体です。

一般的な整体や整骨院(接骨院)で行われているリラクゼーションを目的としたマッサージ、電気治療などはしておりません。

またバキバキするような痛くて危険な矯正も一切しておりません。

単に痛みを取るだけでなく、「再発しにくい体作り」、「痛みにくい体作り」を望まれている方にお勧めの整体です。

今なら初回料金60%OFFです

当院が初めての方、今なら初回料金60%OFFです。(^^)!

通常、初回は12,100円ですが、当院が初めての方は4,800円(税込み)で受けて頂けます。

なぜ?60%OFFの料金で施術を受けて頂けるのかと言いますと、

「腰痛は動かして治す!」 新しい考え方の整体を体験して効果を実感してもらいたいのです。

当院では「痛みは動かして治す!」を治療方針として、歪んだ身体を「痛くない矯正」で正しい姿勢に整えて、関節を支える筋力を強くする「筋力体操」で腰の痛みを改善しています。

腰痛でお悩みの方、ぜひ一度当院の “新しい考え方の整体” を試してください。

腰痛は身体が歪んで脊骨のカーブが失われている人が多い

背筋(背骨)が歪んだ姿勢は、見た目の印象を変えるだけでなくて、腰痛はもちろん内臓機能の不調など様々な身体のトラブルに影響してきます。

腰痛など身体の不調は、実はこの背骨の歪みが大きな要因のひとつになっています。

私たちの身体を支えている背骨は、横から見るとゆるやかにS字の生理的弯曲を描いて重い頭や上半身を支えています。

このS字の弯曲は跳んだりはねたりした時に、足から受けた衝撃を吸収・分散させたりして腰に負担がかからないようにしています。

背骨はS字の弯曲を描くことで、腰の骨(腰椎)や関節、靭帯、椎間板、などの損傷や劣化を防いでいるのです。

さらに大切な脳を衝撃から守る役目も担っています。

ところで、背骨は骨格の中でも真っ先に老化が始まる部位でもあります。

なぜならば、小さな骨が積み重なった構造の背骨は重力の影響を受けやすいからです。

不適切な姿勢や動作で背骨周りの筋肉を過剰に働かせることになると、背骨にゆがみが生じてきます。

首では、首(頸椎)のゆるやかなカーブが失われてまっすぐな状態、”ストレートネック” になっている人。

首こり、肩こりの原因となります。スマホの普及で近年増加しています。

背中では、上半身(胸椎)の後弯がひどくなって、”ネコ背” の状態になっている人。

腰部(腰椎)では、腰の前弯が強くなって、”反り腰” の状態になっている人。妊婦さんなどはこのタイプです。

または、腰のゆるやかな前弯が失われてしまって、”腰曲がり”(後湾症)の状態になっている人。(ストレートバック。)

腰痛でお困りの方は背骨のS字カーブが崩れた結果、背骨にかかる負荷や衝撃が増して、背骨の中でも特に負荷がかかりやすい 腰部(腰椎)に痛みを出してしまうのです。

「身体の歪み」をそのままにした状態で、痛みが出ている腰部をいくらマッサージなどしても、腰痛は治っていかないのです。

「身体の歪み」を作る生活習慣
  1. 食事、睡眠、生活はできる限り規則正しくおこない、体重管理は責任をもっておこなうこと。
  2. 水分は一日1~1,5ℓを心がける、多すぎても少なすぎてもよくない。
  3. 強い精神的ストレスをかけ続けない、自分のストレス発散法を知っておく。
  4. 自分の体力レベル以上の負担をかけ続けない、頑張りすぎてしまう人は抜くことも大事。
  5. プラス思考に物事を捉えることが最も大切です、マイナス思考は治癒力も低下させます。
  6. 物を噛む時に両側で均等に噛む、片側噛みをしない。
  7. 首や腰などをボキボキ鳴らさない。
  8. 高すぎる枕、枕なしで寝ない、自分の首のカーブに合った枕を使う。
  9. やわらかすぎるベッドに寝ない。
  10. イスに座るときに足を組まない、身体をひねらない。
  11. 横すわり、あぐら、ぺちゃんこ座りなどをしない、正座が腰にはよい。
  12. バックなどを片側ばかりに掛けない。
  13. 電話で話すとき耳と肩とで挟まない。
  14. かかとの高い靴や合わない靴を履かない。
  15. 座りぱなっし、立ちぱなっしなど長時間同じ姿勢をしない。
  16. 横になってテレビを見たりしない。
  17. きつい下着をつけない、特にブラジャーに注意。着けていて呼吸が小さくなるような物は肋骨を変形させていきます。アンダーのサイズをワンランク上げましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

腰痛、腰の痛みの整体はコチラ

坐骨神経痛の整体はコチラ

変形性腰椎症、高齢者(加齢)の腰痛、整体はコチラ

腰椎分離症、すべり症の整体はコチラ

腰椎椎間板ヘルニアの整体はコチラ

脊柱管狭窄症の整体はコチラ

整体・オガワ筋整復治療院トップページ