こんにちは、大阪市西区北堀江で根本改善を専門とした整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。

今回は、「あなたの腰痛が病院で治らない理由。」 についてお伝えしたいと思います。

腰痛が病院で治らないそのワケ

腰痛には病院で原因が特定できる腰痛と、原因が判らない腰痛の2種類に分類されます。

病院で腰痛の原因が判るのは腰痛患者の15%程度です

厚生労働省の研究班調べによりますと、病院で医師の診察、レントゲンやMRIなどの検査で腰痛の原因が判るのは15%程度と発表されています。

残りの約85%の腰痛は、病院では原因が判らないのです。

なぜ? 病院では、腰痛の原因が判らないのでしょうか!

多くの腰痛は関節や骨などの構造的な問題ではなくて、筋肉や靭帯、筋膜などの軟部組織が原因で起こっています。

「関節が変形している。」とか、

「椎間板が飛び出ている。」

というように構造的な問題が腰痛の原因ならば、レントゲンやMRIなどの画像検査で容易に判断されます。

しかし、軟部組織の問題は画像から捉えることは困難を極めます。

軟部組織の「機能的な問題」で生じている腰痛は、画像検査では分からないので十分な問診と徒手検査を行わなければ、腰痛の原因を探し当てるのが難しいのです。

現行保険制度下では短時間で多くの患者さんを捌かなければ経営が成り立たないようになっています。

大病院ともなりますと、【3時間待っての3分診療 】が常態化しています。

その結果、十分な問診と徒手検査ができず、画像検査と血液検査のデータに頼った診断をくだすことになります。

結果的に画像検査のみで診断することになります。

これらの理由によって、原因が判る腰痛が僅か15%という事になり、85%のほとんどの腰痛は原因が判らないということになってしまうのです。

私はこの業界に入る前に、腰痛に悩まされた経験があります。

私は整体の業界に入る前に歯科技工士をしていました。

その時に、「腰の痛み」と、「足の痛みと痺れ」、いわゆる ”坐骨神経痛” という症状で病院を受診した経験があります。

医師はレントゲン写真を見ながら、「骨はきれいです。問題はなさそうなので、とりあえず痛み止めの薬を出しておきます。」

「しばらく様子を見て、まだ痛いようでしたらまた来てください。」といわれました。

「骨はきれい、問題はない?」といわれても、腰が痛い、足が痛い、しびれているのは事実だし、

様子を見てくれと言われても、どう様子を見ろというのだろうか?

その時、私は病院では、「私の腰痛は治してもらえないんだ。」と、驚いた事を今もはっきりと覚えています。

あなたも病院で医師から、「レントゲンを見ても特に問題は見られません。」

痛み止めを出しておきますから、「しばらく様子を見てください。」

などと言われた経験はありませんか。

あなたの腰痛が病院で原因が判れば、その原因に合わせて治療されると思います。

しかし、ほとんどの腰痛は病院では原因が判らないからとりあえず、

痛み止めの薬や湿布、

コルセットやサポーター、

関節が腫れているなら注射、

マッサージと電気治療、ホットパックで温める、

腰を引っ張るけん引療法、

などの対症療法と呼ばれる一時しのぎの対応をされます。

対症療法とは痛みの原因を直接、取り除いていく原因治療ではないので、病院ではあなたの腰痛が治っていかないのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連サイト

腰痛、腰の痛みの整体はコチラ

坐骨神経痛の整体はコチラ

変形性腰椎症の整体はコチラ

腰椎分離症、すべり症の整体はコチラ

腰椎椎間板ヘルニアの整体はコチラ

脊柱管狭窄症の整体はコチラ

 

追伸 今なら初回料金60%OFFです

当院が初めての方、今なら初回料金60%OFFです。(^^)!

通常、初回は初検料3,300円+施術料8,800円=12,100円ですが、当院が初めての方は4,800円(税込み)で受けて頂けます。

なぜ?60%OFFの料金で施術を受けて頂けるのかと言いますと、

「痛みは動かして治す!」 新しい考え方の整体を体験して効果を実感してもらいたいのです。