こんにちは、大阪市西区北堀江のHB整体・オガワ筋整復治療院、院長の小河です。 いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
今回は、膝の痛みを治したい、についてお伝えしていきたいと思います。

膝の関節痛を起こす病気やケガ

膝に痛みを起こす原因としては、加齢に伴うものやケガによるものなどがあります。

膝痛の原因として、関節が炎症を起こしてしまう「関節炎」があります。

症状は長期間かけて徐々に進行して、痛みのために歩行が困難になることもあります。

膝の関節は、太ももの骨(大腿骨)、すねの骨(脛骨)、ひざの皿(膝蓋骨)からなる関節です。

関節の周りには靱帯や筋肉があり、関節の安定性を保っています。

大腿骨と脛骨および膝蓋骨の表面は、弾力性があって滑らかな軟骨でおおわれています。

軟骨は関節を動かしたり、体重がかかった時の衝撃を緩和するクッションの役目をもっています。

関節を保護する軟骨がすり減ることにより、徐々に「変形性膝関節症」を発症します。

また「関節リウマチ」や、スポーツ中のケガなどによってひざの靭帯を傷めたり、骨折が原因で関節の変形が生じることがあります。

10〜15歳くらいの子供が発症しやすい「オスグッド病」やスポーツ障害ではジャンプしたときに膝が痛む「ジャンパー膝」などがあります。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は膝関節の軟骨が、加齢による変化(摩耗)やケガによる軟骨損傷によって、長期間かけて減っていくことが原因で起こる病気です。

一度損傷した軟骨は回復するのが難しいため、痛みが徐々に増加する傾向にあります。時間をかけて進行し、次第に症状が重くなります。

50歳~60歳くらいから発症し始めて、女性のほうが男性よりなりやすく、国内では約1000万人もの方が変形性膝関節症に悩まされていると言われています。

関節リウマチ

関節リウマチは原因が不明な病気です。関節が腫れ、痛みや「こわばり」を感じます。

初期段階では、手の指や手関節などの小さな関節に症状が現れ、次第にひざを含む全身の関節に広がり、慢性化します。

膝関節の症状は、関節が腫れたり、水(関節液)がたまったり、関節の骨が破壊されることもあります。

症状が進行すると、歩行できないほどの痛みを伴う場合があります。女性の発症数は男性の約3倍と言われています。

半月板損傷・靭帯損傷

半月板損傷・靭帯損傷は、スポーツでのケガや事故が原因となることが多いです。

高齢者の場合は自然に損傷することもあります。

半月板は、膝関節でクッションのような役割を果たします。靭帯は、関節の骨と骨をつなぎ安定させる役割があります。

半月板を損傷すると、痛みやひっかかりを感じたり、水(関節液)がたまることもあります。

ひざの靭帯を損傷すると、ぐらつきを感じ、関節が不安定になるため、関節の軟骨に負担がかかり、将来的に変形性関節症になる危険性があります。

オスグッド病

10〜15歳くらいの子供が発症しやすい膝の病気です。成長期に痛むことが多いので成長痛ともいいます。

痛むのは膝のお皿の下で、このあたりが徐々に硬く隆起する点も特徴にあげられます。

成長期の子供の場合、脛骨(すねの骨)が軟骨から硬い骨にまだ成長しきれていません。

そのため、大腿四頭筋の伸縮による負荷が過度になると、膝蓋靭帯と脛骨の付け根が軟骨の部分ごと剥離して痛みを出してしまいます。

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは正式名称は「膝蓋靭帯炎」といいます。膝のお皿と脛骨(すねの骨)をつなぐ靭帯のことを、膝蓋靭帯と呼びます。この部分に炎症が生じる病気です。

バスケットやバレーボールなどのスポーツでジャンプをしたとき、そして着地をしたときに膝の痛みを感じます。

痛みが出る主な場所は膝のお皿の下がほとんどで、まれにお皿の上が痛むこともあります。

症状が悪化すると、膝を曲げ伸ばすだけで痛くなってしまいます。

当院の整体で膝関節の痛みが改善していくそのわけは

体は骨格を支えて動かすために筋肉があります。私たちの体は本来、全身の筋肉が「一つのユニット」として連動して、痛みなく動くように出来ています。

しかしながら、筋肉の慢性疲労で体が歪んで姿勢が悪くなってくると、普段の何気ない動作で膝の関節に負担がかかるようになって、神経が刺激されて痛みを引き起こすようになってしまいます。

当院の整体は、この崩れた筋肉のバランスを痛くない矯正で、歪んだ体を整えて、痛みの出ない体に戻していきます。

筋肉のバランスが整えば、自己治癒力が発揮できる体となってくるので、膝の痛みは自然と出なくなって治ってきます。

当院の整体は力任せの痛い整体ではありません。3g~5g程度の手を添える程度の弱い刺激で筋・筋膜のつながりを応用して知覚神経を介して、脳からの反応を引き出して体の歪みを整えていくオリジナルな整体です。

「痛い部位(痛みや痺れなどお悩みの症状が出ている部分)や、筋肉が凝っている部位」だけの部分的な施術はいたしません。

一般的な整骨院(接骨院)や整体などで行われているような、一時しのぎのマッサージや電気器具などはしておりません。

またバキバキするような痛くて危険な矯正も一切しておりません。

単に痛みを取るだけでなく、一度治ったら二度と辛い思いをしないように「再発しにくい身体作り」「痛みにくい身体作り」を治療方針として ”根本改善” の治療計画をご提案させていただいております。

初回は安心・納得して施術を受けていただくためにカウンセリング(問診)と検査に時間を取っています。

1、問診


2、検査


3、施術


4、施術後の効果の確認検査


【 カウンセリング(問診)+歪みの検査+施術+改善確認の再検査 】で、約90分~120分程かかります。

2回目以降の所要時間は約60分の予定です。

また当院では「1分で出来る効果の高い自宅ケア」をご指導しております。

他院には無い「自宅ケア」と、痛くない整体であなたの膝痛を根本から改善していきます。

膝の痛み・変形性膝関節症の整体はコチラ

スポーツ障害の整体はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

今なら予約の際に「ホームページを見ました。」と言ってもらえれば、初検料の3,240円をサービスさせて頂いています。!(^^)!

なぜ?今3,240円をサービスしているのかと言いますと、当院の屋号が ”筋整復治療院” となっているからか?「どんな治療ですか?」という問い合わせの電話があります。

マッサージはしていないとホームページに書いてあるし、整骨院でもない、鍼灸師の免許は持っていると書いているが針治療をしているとは書いていない、カイロでもない、どうやって治していくのだろう?と、不思議に思われるのかよく電話で「どんな治療なのですか?」と聞かれます。

正直、電話で治療の方法をお伝えすることには無理があります。 無理があるというより電話で言葉だけで治療の方法や整体のやり方をお伝えすることは無理です。

同業者の方で資格を持っていて治療を勉強されてきた方に伝えるのは簡単ですが、患者さん(素人の方)に、言葉だけで伝えることは限界があるので「百文は一見に如かず」の諺の如く、実際に受けてもらう方が早いと思い、少しでも当院の治療を試してもらいやすくするためにただ今、初検料を無料にサービスさせて頂いています。